JJ Official Blog “I STAN BASKETBALL.” はじめました

はじめまして、JJです。

このたび、JJ Official Blogを始めました。その名も、”I STAN BASKETBALL.”。

「STAN」とは、ラッパーのEMINEMが、自身の熱狂的ファンをイメージして作った曲「Stan」をきっかけに、「STALKER(ストーカー)」と「FAN(ファン)」を掛け合わせて誕生した造語です。Oxford Dictionaryにも登録されてしまうほど認知された言葉になり、主に動詞として使用されています。

和訳すると、「ファンとして、熱狂的に人や物を追いかける」こと。私の場合、人に対してではなく、バスケットボール、特にNBAに対して熱狂的なファンであると自負しています。このブログでは、自分なりの切り口・視点から、NBAやバスケットボールにまつわるさまざまな情報を発信していきます。

ちなみに、「JJ」の名前の由来はこちら。JJ・レディックも好きですが、実は本来の由来はレディックとは関係ありません。ふざけた名前の由来ですが、個人的にはかなり気に入っています。

バスケットボールとの出会いは、中学時代。足がそこそこ速かったこともあり、陸上部に入ろうと考えていた私を、1つ年上の友達だった先輩が「バスケ部に入らないか?」と誘ってくれ、「陸上部よりバスケ部のほうがモテるかも…?」なんて不純な動機でバスケ部に入りました。そこから大学までの10年間、ひたすらバスケに明け暮れていました。NBAは高校から見始め、ちょうどレブロン・ジェームスら黄金の世代がデビューした2003年から見続けています。私は自称、バスケ中毒者です。それが「I STAN BASKETBALL.」の由来でもあります。

そんな自分のバスケへの情熱や強い思いを発信する場を求め、また、編集の仕事に従事しており「言葉」を扱うのが大好きであること高じて、ブログに辿り着きました。当ブログでは、NBAを中心とした古今東西のバスケ情報の今を、自らの思いを織り交ぜながら配信していきたいと思います。お付き合いいただけますと幸いです。

JJ

引用:「Player Bio – JJ Redick」(NBA.com)

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。