勝敗よりも「インスタ映え」を気にする選手の多さを危惧するJJ・レディック

ニューオーリンズ・ペリカンズのJJ・レディックが、昨今の選手たちのSNSとの付き合い方に疑問を呈した。

本気で信じていることがある。試合の勝敗よりも、試合前に自分の格好が『インスタ映え』するかどうかを気にする選手のほうが多い。

引用:「Pelicans’ JJ Redick: Players More Concerned with ‘Fit on Instagram’ Than Winning」(Bleacher Report)

ESPNのザック・ロウ氏に自身の考えを語ったレディックだが、SNSについてさらに、「快適だと感じたことは一度もない。Twitterは、怒りの声で溢れている。自分自身の生活から切り離す他なかった」と語る。実際、レディックは2018年9月に自身のSNSのアカウントを一度すべて削除した経緯がある。

レディックは、SNSについてだけではなく、携帯電話の怖さについても、こんな発言もしている。

車に乗っていて赤信号で止まった時、携帯電話が手の届くところにあったら、手に取る? 皆、そうするだろう。認めたくはないが、意識していなくてもそうしてしまう。もはや、本能的なレベルだ。携帯電話を置き、部屋から出ても、携帯電話がどこにあるか常に気にしてしまう。いわば、あなたの体の延長になっている。それって、めちゃくちゃ怖くないか?

コミッショナーのアダム・シルバーもレディックと同様に、SNSが選手たちの「不幸せ」につながる可能性を懸念するコメントを残している。

自身のブランディング目的で、SNSを利用する選手も多い現代。一方で、レブロンのようにプレイオフ期間中にSNSを遮断するという選手もおり、千差万別だ。果たして、レディックの鳴らした警鐘を、どれだけの選手が「自分事」として捉えられただろうか。

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。