レブロン流・ロッカールーム文化の作り方

レイカーズだけでなくNBAを代表するスター、レブロン・ジェームスは、自身の実力や地位におごることなく、「受容」と「鼓舞」の精神でレイカーズのロッカールームを盛り上げている。

引用:「LeBron James Takes Kobe Bryant’s Old Locker In Renovated Lakers Locker Room At Staples Center」(Lakers Nation)

これまでは、コービーという偉大すぎるレジェンドが、長きにわたってレイカーズのチームの文化を作り上げてきた。そのアプローチ方法は、模範以外の何物でもない。コービー自身が模範を示すことで、チームメイトにもその高い標準を求めてきた。コービーのリーダーシップは卓越しており、尊敬を勝ち取っていた。チームを5度、優勝にも導いた。

しかし一方で、それを息苦しく思うチームメイトがいたことも事実。2012年に、先発PGだったスマッシュ・パーカーは、信頼を勝ち得るほど実績がないとして、コービーがパーカーと話すことを拒んだことに納得ができなかった。そんな時代がレイカーズにはあった。

引用:「Smush Parker: Kobe Bryant Told Me Not to Talk to Him in Practice」(Bleacher Report)

レブロンは、その文化を解体し、新たな文化を作り上げ始めている。その方法は、お互いを受け入れ、お互いを生かすというものだ。レブロンは謙遜しながら、自身のチームメイトへのアプローチ方法についてこう語る。

今あるロッカールームの雰囲気は、一人一人のキャラクターが生かされたものなんだ。これこそ、今シーズン私たちが取り組んでいるアプローチ方法だ。私はチームの中でリーダーの一人だが、ただそれを徹底して繰り返す役割を果たしているだけなんだ。ロッカールームで、ウェイトルームで、飛行機の中で、バスの中で、どこででも。『仕事』のように感じることのないよう、ただ居心地の良い環境を作り上げようとしているんだ。私は毎日、チームの中にいることで幸せを感じている。なぜなら、いつも幸せな兄弟たちに囲まれ、時間を共にすることができているからだ。

ーレブロン・ジェームス

ダニー・グリーンはしばしば踊り、「緊張感がない」と揶揄されることもあったドワイト・ハワードの笑顔はチームに活気をもたらす。クイン・クックはレブロンと冗談を言い合う。誰もが一緒にハングアウトでき、誰もが受け入れられる。階層社会の色濃いNBAの中で、非常に希少な存在と言えるだろう。

引用:「Quinn Cook calls LeBron James ‘the best teammate you could ever ask for」(SBNATION)

シーズンが始まる前の夏の間も、ラスベガスで自主的にミニキャンプを開催し、チームメイトと共に貴重な時間を過ごしたレブロン。そこから大きな手応えをつかんでいた。

素晴らしいランチやディナーの時間を共に過ごした。本格的にシーズンに入っていくために良いきっかけになったように思う。試合の勝ち負けは、なるようにしかならないという面があり、何が起こるかわからないもの。しかし、私たちが共にいることで、お互いに率直に意見を言い合い、組織が強くなっていければ、私たちが勝敗をコントロールできるようになる。

ーレブロン・ジェームス

1月15日のマジック戦、シュートタッチに苦しんだレブロンはアシスト中心に攻め方を切り替え、キャリアハイの19アシストを記録した。その恩恵を受け、控えのクックとトロイ・ダニエルズはそれぞれ22得点、17得点と活躍した。「レブロンは日々、私に自信を与えてくれる。レブロンは私を信頼し、求めてくれる。本当に大きすぎる存在だ」とクックは称賛する。

フランク・ボーゲルHCいわく、「コーチ主導のチームは長くは続かないが、プレイヤー主導のチームは特別になりうる可能性を秘める」という。セルティックスとの伝統の一戦では悔しい敗北を喫したが、シーズンはまだまだ長い。今後のレイカーズのケミストリーのさらなる向上にも注目したい。

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。