超大型ルーキー、ザイオン・ウィリアムソンがついにNBAの舞台に降臨

NBAファンが待ちに待った、2019年1巡目1位指名の令和の大怪物、ザイオン・ウィリアムソンが、現地時間1月22日のスパーズ戦で華々しいNBAデビューを飾った。

引用:「Zion Williamson explodes in fourth quarter of NBA debut, becoming worldwide top trend」(ABC News)

右膝半月板の損傷の手術で出遅れ、開幕から44試合を欠場したザイオン。サマーリーグ中に右膝を故障し、母校・デューク大の恩師であるコーチKからも、明らかに調整不足だったことについて「プレーできるシェイプにあるとは思えない。メンタル面でも同じことが言える」と指摘された。結果として、開幕からシーズンのほぼ半分を棒に振ることになった。

引用:「Should Nike, Duke, Coach K and Zion Williamson be worried about latest legal filings?」(Yahoo! Sports)

「壁に向かってパンチしたい」「椅子を蹴飛ばしたい」と何度も思うほど、復帰までの長いリハビリのプロセスの中で相当なフラストレーションがたまっていたというザイオン。それを乗り越え、ついにデビューに至った。試合は、まさに「ドラ1」にふさわしいデビュー戦となった。

ペリカンズは、ティップオフからザイオンのためにセットを用意しデビューをお膳立てするも、ここは百戦錬磨のスパーズに阻まれた。その後は正直、3Qまでは苦労する場面も多々見受けられた。ジャクソン・ヘイズとのポジション被りで動きが停滞したり、ドリュー・ホリデーとP&Rを試みるもスクリーンがうまく掛からなかったり。ハンドリングにも少々難があり、そこからのターンオーバーも散見された。

しかし4Q、10年に1人の逸材がついに覚醒する。1本目の3ポイント(ザイオンは3ポイントを放つ際にほぼジャンプしない!)を沈めると、アリウープに2本目の3ポイントと立て続けに得点を重ね、会場が大いに沸いた。その後も、インサイドでヤコブ・パートルにブロックされるも体格に似合わない俊敏性ですぐさまボールを取り戻し、強引にシュートをねじ込むと、解説の佐々木クリス氏に褒め言葉として「ネコ科の猛獣のよう」と表現された。

結局、4Qだけで4本の3ポイントを沈めたザイオン。ルーキーがデビュー戦でミスなしで決めた3ポイント成功数の歴代最多記録を更新した。そもそも、大学時代の3ポイント成功率は33.8%で飛び抜けて優秀というわけではないが、良い意味で期待を裏切る勝負強さを見せつけるあたり、やはり大物は違うなと思わされた。

ザイオンは、4Qだけで連続17得点を奪取し、試合を通して18分のみの出場で22得点を記録。十分すぎる活躍だった。ザイオンの22得点は、ペリカンズ史上ルーキーがデビュー戦で記録した得点で歴代最多という。ザイオンの前に歴代最多だったのは、奇しくも今夏にペリカンズからレイカーズに移籍したアンソニー・デイビスの21得点だった。

そんな鮮烈なデビュー戦となったザイオンだったが、ベテランのJJ・レディックからは試合中、「落ち着け。お前がすべきことは、ただバスケットボールをプレイすることだ。ヒーローになる必要はない」と声を掛けられた。実はザイオン、4歳の頃から夢見ていたNBAのデビューに当たり、かなり舞い上がっていたらしい。頼れるベテランの一声で冷静になれたという。

試合自体は、試合巧者のスパーズに逃げ切られ惜敗。4Q終盤の競った局面、復帰明けの出場時間の制限のためベンチに下がったザイオンは、指揮官のアルビン・ジェントリーに「ベンチに下げないでほしい。この試合、どうしても勝ちたいんだ!」と直談判したという。それに対してジェントリーは「君をコートに残すという選択肢が私にはない。確かに君をコートに残すことはできるが、そうすれば次の朝にはHCが別の人になっているよ」と諫めたらしい。いやはや、若さって素晴らしい。

引用:「Who’s the Right Coach to Unlock Zion?」(The Ringer)

ペリカンズは、現在西8位のスパーズとは4ゲーム差。まだまだ巻き返しの余地は大いにある。ザイオンの戦列復帰を受け、一気に躍進する可能性も大いにあると実感できた試合だった。ちなみに、ザイオンが記念すべきデビュー戦で着用したバッシュは、「AIR JORDAN 34」の特別モデル「Bayou Boys」。「Bayou(バイユウ)」とは、ニューオーリンズのあるルイジアナ州や隣接するミシシッピ州にある、小さな沼地や湿地帯を指す。ニューオーリンズの街への強い思いを込めて名付けられたという。

引用:「Zion Williamson Wears Air Jordan 34 “Bayou Boys” Player Edition in NBA Debut」(HYPEBEAST)

ニューオーリンズの街からの期待を一身に背負い、西12位に低迷するペリカンズをプレイオフまで引き上げられるか。これからも令和の大怪物の動向に注目していきたい。

引用:「Zion Williamson’s Pelicans Debut Photos | 2019-20 Game 45」(NBA.com)

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。