球宴選出の摩訶不思議

NBAオールスター2020のリザーブ14人が正式に発表された。初出場選手が9人と、新時代への突入を強く感じさせるが、個人的には正直、選出方法に疑問を感じざるを得なかった。

今回は、未選出だった有力選手と、選出の要因となったであろうポイントからこの疑問について分析したい。

■実力も実績も十分だったが落選の憂き目にあったビールとブッカー

私が感じる疑問は、初出場選手の人選ではなく、有力候補だった選手の未選出についてだ。以下、オールスター出場が濃厚だったにもかかわらず落選した2選手だ。

・ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)

引用:「NBA All-Star snubs: Paul George, Bradley Beal not among reserves selected for 2020 All-Star Game」(CBS Sports.com)

腹立たしい。正直、敬意を感じない。しかし、わかる人にわかってもらえればいい。必ずチームをプレイオフに導くよ。

ーブラッドリー・ビール

未選出について、不満げな表情と強い言葉で怒りをあらわにしたビール。それもそのはず、得点ランキング6位の平均28.7点を記録し、アシストも平均6.4と優秀(2月1日現在)。ケガ人続出で苦境にあえぐチームで大車輪の活躍を見せていた。1月29日の東1位・バックスとの試合でも47点を奪い、51点を取ったクリス・ミドルトンとの点取り合戦を演じ、リーグ屈指のスコアラーであることを証明していた。

・デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)

引用:「Devin Booker, Karl-Anthony Towns, Bradley Beal headline NBA All-Star snubs」(Yahoo! Sports)

ビールと同様、リーグでも有数のスコアラーとして鳴らすブッカー。得点ランキングは8位の27.1点、アシストも平均6.4と、ガードとして存在感は抜群。30点超えは20試合を数えていた(2月1日現在)。あまりに納得できない不満から、サンズのGM、ジェームズ・ジョーンズは異例の発表を出した。

私はこれまで、オールスターに選出された多くの選手とプレイしてきたからわかる。Devin Bookerは間違いなくオールスターで、それにまったくの疑いの余地はない。

ーデビン・ブッカー

彼らの不満も無理はない。過去35年をさかのぼると、平均27点以上を記録した選手でオールスター未選出だった選手は存在しない。35年の長い歴史が破られ、しかもそれが2人同時だなんて、選出方法に疑問を抱かざるを得ないのはこの事実があるからだ。

■選出の要因となったであろうポイントは「チーム成績」と「インパクト」

選出された選手の勝敗数と順位は以下。

<イースタン・カンファレンス>
 バム・アデバヨ:32-15(4位)
 ジミー・バトラー:32-15(4位)
 カイル・ラウリー:34-12(2位)
 クリス・ミドルトン:41-6(1位)
 ドマンタス・サボニス:31-17(5位)
 ベン・シモンズ:31-18(6位)
 ジェイソン・テイタム:32-15(3位)
  ⇅
 ブラッドリー・ビール:16−31(11位

<ウェスタン・カンファレンス>
 ルディ・ゴベア:32-14(4位)
 ブランドン・イングラム:19-29(12位)
 ニコラ・ヨキッチ:33-15(2位)
 ダミアン・リラード:21-27(10位)
 ドノバン・ミッチェル:32-14(4位)
 クリス・ポールl:29-20(7位)
 ラッセル・ウエストブルック:29-18(6位)
  ⇅
 デビン・ブッカー:20-27(11位)

東は明らかにチーム成績至上主義。ビールは選出された選手たちに比べるとはるかに劣っている。リザーブは、好調のチームの中でエース級の選手が選出されているといっても差し支えないだろう。しかし、西はどうだろうか。リラードやイングラムはブッカーと大して変わらず、ブッカーと同様チームは低迷しているのだ。

おそらく、リラードは1月21日のキャリアハイの61点、イングラムも1月17日のキャリアハイの49点が記憶に新しく、「インパクト」の面で負けたのだろう。ブッカーが今シーズンの最多得点の44点を奪ったのは12月5日で、忘れられたといっても不思議ではない。

その他、スパーズの選手が一人も選ばれなかったのもこのポイントを考慮すると理解できる。スパーズは現在21-26で西9位。リーグ発表の公式な記録ではないが、スパーズは1976年からの43回のオールスターの歴史の中で、選手が選出されなかったのはたった3回で、今回の未選出は1997年以来、実に23年ぶりとなるという。いやはや、スパーズ王朝、恐るべし。ダンカンはやっぱり偉大すぎたという証拠だ。

今年の本戦は急逝したコービー・ブライアントに対するトリビュートによる特別フォーマットの開催となり、さらなる注目が集まるNBAオールスター2020。出場が決まった選手たちは、無念の落選となった有力候補たちの分まで、大いに楽しみながらファンを楽しませてほしい。

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。