レブロン・ジェームスのスピーチでステープルズ・センターが感動の渦に巻き込まれる

コービー・ブライアントの死後、最初の試合となるブレイザーズ戦をホームのステイプル図・センターで迎えたレイカーズ。試合前、現在のレイカーズの大黒柱であるレブロン・ジェームスが、会場に集まった約19,000人の前でスピーチを行った。

元々入念に準備された原稿があったそうだが、ファンを前にして心が変わったというレブロンは、原稿は使用せず、ありのままの言葉で、ありのままの気持ちを語り始めた。

“レイカー・ネイションの皆さん。元々私が準備していた拙いスピーチを読むことは、皆さんに対して敬意を欠くことになると感じた。だから、心の中の思いを素直に、率直に語ろうと思う。


私の心の中に最初に浮かんだのは、「家族」について。このアリーナを見渡すと、誰もが悲しみに暮れ、心が痛んでおり、胸が張り裂けんばかりだ。しかし、こういった辛い経験をする時に、誰もができる最善のことは、家族で肩を寄せ合うことだ。私が昨年にレイカーズに加入する前からずっと耳にしてきたことではあったが、日曜日の朝から今日の今この時に至るまで、レイカー・ネイションはまさに家族だった。それがこの1週間、ずっと感じ続けていたことだ。選手からだけでなく、コーチングスタッフからだけでなく、レイカーズの組織からだけでなく、レイカーズに関わるすべての人から、私たちが真の家族であるということが強く感じられた。そして、コービーが語っていたように、コービーとジアナ、そしてバネッサを含めたブライアント一家が、皆さんに心の底から感謝している。


今、コービーを追悼する記念の式典が開かれているわけだが、私はこれを、お祝いだと考えている。この時間は、コービーが20年間の中で、血と汗と涙を流し、壊れた体で膝を突いてはまた立ち上がり、数え切れない時間を費やし、あらん限りの力を注いだすべての努力と覚悟を祝うための時間だ。今夜、弱冠18歳でNBA入りを果たして38歳で引退し、この3年間最高の父親であり続けた男を、祝いたいと思う。


今夜はお祝いだ。私たちが試合に入る前まで、お祝いしよう。皆さんを愛している。コービーは私にとって、本当の兄弟だ。私が高校生だった時から、NBAに入るべくコービーのプレイを見始めた時から、私は彼を近くに感じていた。私はキャリアでずっと彼と熱い戦いを繰り広げてきたが、彼はずっと身近な存在だった。コービーと私が常日頃から共有していた一つのことは、勝利するための覚悟、偉大になるための覚悟だった。今この場に立っていることが、私にとって大きな意味を持っている。


私はこれから、チームメイトともに、彼の築き上げたレガシーを受け継いでいくつもりだ。今年だけでなく、私たちが愛するバスケットボールをプレイできる間ずっとだ。なぜなら、それがコービーが私たちに望むことだと知っているからだ。


コービーは引退する時に「マンバ・アウト」と言ってコートを去ったが、私たちのはなむけの言葉はこうだ。「決して忘れない」。コービー、あなたは私たちの中で、ずっと生き続けるんだ。”

引用:Los Angels Lakers Twitter

セレモニー後のブレイザーズ戦、レブロンはコービーの往年のモデル、「Nike Zoom 1」を着用した。おそらく、レブロンがNBAの公式試合で他選手のモデルのシューズを履いたのは初めてだっただろう。左肘付近には、コービーの背番号「24」の刺繍が入ったリストバンドを着用。リストバンドを左肘付近に付けるのは、コービーの現役時代のスタイルだった。

レブロンの感動的なスピーチは、間違いなく天国にいるコービーにも届いたことだろう。コービーが亡くなった後に初めてレブロンが胸の内を綴ったInstagramへの投稿にもあったように、コービーがレブロンやレイカーズを天国から見守り、彼らに力を与えてくれることを心から願うばかりだ。

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。