「The Greek Freak」、SNSを爆速解禁した裏にある思い

「The Greek Freak」こと昨季のMVP、ヤニス・アンテトクンポは、師として仰ぐコービー・ブライアントの逝去後、あまりのショックからか、自身のSNSアカウントを封印していた。(「削除していた」と一部で報道されていたが、過去の履歴が残るアカウントだったため、削除はしていなかったと思われる。)ところが、そこまで日が経たないうちに、Twitter・Instagramを共に再開させた。

Giannisが先に再開させたのはTwitter。1月31日、発表されたオールスターのリザーブに同僚のエリック・ブレッドソーの名前が入っていないのを知ると、ブレッドソーはオールスター選出に値すると訴えた。

どこの世界に、オールスター前に50勝近く挙げている(実際には当時41-7だった)チームから3選手が選出されないなんてことがあるんだ⁇⁇ ブレッドソーは間違いなくオールスターだ!

ーヤニス・アンテトクンポ

ヤニスのTwitterと言えば、一昨年の「コービー・チャレンジ」への挑戦が印象的だった。コービーがさまざまなプレイヤーに与えていた「コービー・チャレンジ」にヤニスもエントリー。コービーからは「MVPを獲得せよ」との指令が出た。

コービーから与えられた最重要課題にヤニスは全力で取り組み、見事にMVPを獲得して見せた。その後、ヤニスは次なる高みを目指すべく、再度「コービー・チャレンジ」にエントリー。すると今度は、「優勝せよ」との最難関の指令が出た。しかし結局、コービーの前でこのミッションを達成することはなかった。

また、ヤニスは続けてInstagramも再開した。再開後の最初の投稿は、「コービーよ、永遠に。ジジよ、永遠に。」というメッセージだった。

この投稿をInstagramで見る

Mamba4Forever ❤️🕊 Gigi4Forever❤️🕊

Giannis Ugo Antetokounmpo(@giannis_an34)がシェアした投稿 –

ヘリコプター墜落事故後、レポーターたちに向けて感情的な素顔をのぞかせたヤニス。ヤニスはコービーとの初対面、プライベートな会話だったというが、選手として「前に進み続けろ」というアドバイスを受けたという。またヤニスは、コービーはバスケットボールを始めたきっかけになった人物であり、今もバスケットボールを続けている理由となっている人物であることも語った。

用:「Kobe Bryant praises Giannis Antetokounmpo: He has the talent to be a great player」(SBNATION)

「コービー・チャレンジ」を通してコービーから受けた「NBA優勝」という挑戦状。レイカーズがコービーに対する最大の追悼として優勝を狙うが、ヤニスもコービーとの個人的な誓いを果たすべく、優勝を本気で狙ってくるだろう。現在、42-7で東のぶっちぎり1位。MVPとFMVPのダブル受賞も大いにあり得る。ヤニスのますますの活躍に胸が膨らむ。

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。