「休職」状態のイグダラ放出論争、再び勃発

かねて議論になっていた、グリズリーズのベテラン、アンドレ・イグダラの実質「休職」状態。その議論がトレードデッドライン直前の今、再び勃発した。その火付け役は、今年のドラフト1巡目2位指名で新人王最有力候補のジャ・モラントだった。

引用:「Andre Iguodala seeking buyout from Grizzlies, but Memphis wants him at training camp」(SBNATION)

そもそもの経緯を少し振り返ろう。今夏、ケビン・デュラント退団とディアンジェロ・ラッセル獲得のあおりを受け、ウォリアーズからグリズリーズに放出されたイグダラ。自身は優勝を狙えるチームへの加入を目指して球団にバイアウトを要求するも、球団はこれを拒否。トレードの可能性も探ったものの、高額のサラリーが足かせとなり移籍先が見つからなかった。結局、夏の間に球団と合意し、今季はトレーニングキャンプからチームに合流せず、実質「休職」状態に入っている。

それをよく思わない選手は少なくなかっただろう。なにせ、イグダラはチームトップの約1,700万ドルを稼ぐ、圧倒的な「給料泥棒」だからだ。それでも、誰も声には出さなかった。

それが、ここに来て風向きが変わってきた。発端は、ルーキーながら早くもチームの顔になっているジャ・モアントの、Twitter上でチームメイトのディロン・ブルックスのイグダラ批判に便乗した発信だ。

初めてイグダラを見たのは、彼がTVで俺たちについて初めて語っている時だ。それはいいとして、確かに、アンドレ・イグダラは偉大な選手だ。彼が自らのキャリアにとって正しいことをしているとも思う。しかし、それは俺たちには関係のないこと。これで俺たちの気が散るなんてことはない。こんなこと、笑い飛ばして終わりさ。彼は、俺たちと同じチームにいながら俺たちと一緒にいようとしないような男だ。イグダラがトレードされるのが待ち遠しいよ。そうすれば、俺たちは彼と対戦し、彼に俺たちがどれだけやれるチームなのか見せつけられるからね。

ーディロン・ブルックス

チームメイトのこの発言に、「それそれ!声を大にして叫ぼうぜ!」と言わんばかりに「🗣」マークでモラントは反応した。現在西8位でプレイオフ当落線上にいるグリズリーズにとって、給料泥棒でまともなトレードもできない原因になっているイグダラは足を引っ張る存在でしかないだろう。チームをプレイオフに導き、新人王獲得をもくろむモラントとしても、イグダラの存在が目障りだとしても仕方ない。

このルーキーの大ベテランに対する失礼な対応に反応したのは、イグダラとウォリアーズで共に計3回の優勝を果たしたステピン・カリー。Instagramのストーリーで、3つ目の優勝リングを抱きかかえるイグダラの写真と共に「🤫」マークで反応した。「3回優勝しているイグダラだぞ?口を閉じな」と言わんばかりにやり返した。

しかし、気持ちの収まらないモラントは、ESPNのレイチェル・ニコル氏のTweetにかぶせる形でさらに応酬。デュラントがリングを抱える写真をアップし、「優勝できたのはどうせKDのおかげだろ?」と言わんばかり。いやはや、コート上でも度胸満点だが、コート外でも肝の据わったルーキーだ。

結局、イグダラの去就についてはいまだ闇の中だが、Bleacher Reportのシニアライターのリック・ブーシェー氏によってこんな噂も流れている。

バックスが1巡目指名権と引き換えにイグダラの獲得を画策しているという。実現したとしたら、相当やばい。優勝3回、FMVP1回の経験を持ち、優秀なディフェンダーでありシックスマンである彼の加入が優勝に向かって追い風にならないわけがない。

ただ同時に、サラリーの釣り合いを取るのは至難の業であることも事実。サラリー的に、トレードの駒として機能するとしたら、約1,200万ドルのブルック・ロペス、約900万ドルのジョージ・ヒルあたりを放出しなければならなくなるだろう。ゲームの中心を担う彼らを放出することは、ケミストリー崩壊を招きかねず、相当なリスクになる。バックスにとって、イグダラの獲得は「パンドラの箱」になりそうだ。

ちなみに、仮に移籍先が見つからない場合、イグダラは今季全休となる見込み。この点については球団とも折り合いがついているという。

今季のトレードデッドラインは、日本時間2月6日。イグダラ放出論争はどこまでヒートアップしていくのか、また、バックスが実際にイグダラ獲得に動いていくのか、今後も目が離せない。

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。