アンドレ・イグダラ、マイアミ・ヒートに電撃移籍!

メンフィス・グリズリーズで実質「休職」状態だったアンドレ・イグダラの去就が決まった。移籍先が見つからなければ今季全休の可能性もあり、グリズリーズの若手、ディロン・ブルックスには「トレードされるのが待ち遠しい」と公に非難され、ジャ・モラントにもブルックスに同調するSNS上での発信をされ、話題が沸騰したばかりだったが、今日になってその状況が急転直下し、移籍が決定。移籍先は、噂されていたレイカーズでもバックスでもなく、ダークホースのヒートだった。

引用:ESPN Twitter

イグダラの電撃移籍のニュースが流れたのは、日本時間午前10時30分頃。デッドラインまでに移籍がまとまるかどうかは五分五分の印象で、正直ノーマークだった。

イグダラの移籍先は、現在東4位と好位置につけるマイアミ・ヒート。加えて、36歳にもかかわらず2年3,000万ドルの延長契約を交わしたから驚きだ。(2年目の2021-22はチームオプション。)

イグダラの移籍に伴い、ヒートからはジャスティス・ウィンズローがグリズリーズに送られた。ウィンズローは若手の台頭によりチーム内での立ち位置が危ぶまれており、チームに対して不満を抱いていたという噂もある。実は、Woj砲が炸裂するより前にInstagramでグリズリーズのキャップを被った写真を投稿しており、移籍をほのめかしていた。(現在は削除されている。)

オブラートに包むことなくはっきりとイグダラを批判していたディロン・ブルックスは、イグダラの移籍が決定した後、メディアの取材に対応。ウィンズローの加入を喜んだ。これで正式に、イグダラを取り巻くSNS上での非難合戦に終止符が打たれた。

これでやっと、俺たちが求めていた、俺たちと一緒にプレイしたい選手を獲得できた。いい感じだね。

―ディロン・ブルックス

ちなみに、ブルックスは同日、グリズリーズと3年3,500万ドルで契約延長。イグダラの放出が追い風になったのかもしれない。

しかし、ヒートの動きはこれだけに留まらないようだ。報道によると、グリズリーズとヒートによる2チーム間トレードと思いきや、どうやらデッドラインまでにサンダーを巻き込んで3チーム間トレードに持ち込む狙いがあるらしい。そのターゲットは、ダニロ・ガリナリだという。

今夏もCP3とウエストブルックのトレードに巻き込まれサンダーに流れ着いたが、またしてもトレードの憂き目にあいそうなガリナリ。ただ、当の本人は報道に次ぐ報道の波にのまれることなく、飄々とする。そこには、かつて両親から学んだ大切な教えがあるという。

子どもの頃に両親から教わった大切な教えがある。「新聞やメディアは見るな」。だから私は、その類のものを一切見ない。特に、シーズン中はね。私はゲームに集中する。

―ダニロ・ガリナリ

Woj氏によると、ヒートの球団社長であるパット・ライリーは今季、本気でチームのテコ入れに取り組むという。イグダラに加えてガリナリまで加えられたら、ヒートは間違いなく東でも1、2を争う存在、そして、東の大本命・バックスに対抗できる存在になれるだろう。

ところで、イグダラの移籍で気になるのは、サラリー問題。今回の移籍で、チーム内のバランスはどう変わったのだろうか。

グリズリーズでは1試合もプレイしないながらもチーム最高のサラリーをもらう「給料泥棒」だったイグダラだったが、ヒートではチームで3番目のサラリーとなる。ベテラン3人がトップ3を固めている格好だ。一方で、バトラーが唯一マックス契約で全体の4分の1を稼ぐが、その他の主力は驚くほど格安だ。特に、ケンドリック・ナン、ダンカン・ロビンソン、バム・アデバヨ、タイラー・ヒーローなどは500万ドルにも満たない破格のリーズナブルプレイヤーたちで、どれだけヒートのフロントが有能なのかがわかる。ライリーの敏腕っぷりも健在だ。

周りのNBA選手も、この点は注視している。ブレイザーズのCJ・マッカラムは、若干ディスりながらもイグダラを称賛している。

イグダラ、君はレジェンドだ。確かに、シーズンの半分を棒に振った。しかし、家族と共に時間を過ごせたし、自身の本のプロモーションもできた。引退後の生活の入念な計画と、そのための資金調達もできたわけだ。尊敬しかない。

―CJ・マッカラム

ともかく、これで正式にヒートの一員となり、新たな船出となったイグダラ。これから休養十分でシーズンに臨むことになるわけだが、心配されるのはブランク。ただ、体のコンディション自体はかなり良好らしく、体重も抑えられているという。今後の日程としては、日本時間の土曜日にサクラメントでチームに合流する見込み。デビュー戦の具体的なめどはまだ立っていないという。

優勝3回、FMVP1回の素晴らしい経験を持つイグダラが、才能豊かな若手を多く擁するヒートでベテランとしてどんな役割を果たしていくのか、楽しみで仕方ない。

(以下、デッドライン後に追記)

ヒート – グリズリーズ間のトレード内容が確定。ヒートはジェイ・クラウダー、ソロモン・ヒルを獲得し、ディオン・ウェイターズ、ジェームズ・ジョンソンを放出した。結局、噂されていたガリナリのトレードは実現しなかったが、一連のトレードでヒートは全体的にバランスの良い布陣になった印象。コート内外で問題児だったウェイターズともお別れできたわけで、その点からも大成功を収められたトレード冬の陣だったように思う。

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。