審判の致命的な吹き逃しにリラードが激昂、ブレイザーズがジャズとの接戦を落とす

昨今の審判の誤審・吹き逃しが目立つNBAだが、今回はさすがに呆れるレベルの吹き逃しだった。

2月8日のポートランド・トレイルブレイザーズとユタ・ジャズの一戦、114-116と2点差で追う状況のブレイザーズは、試合時間残り20秒からリラードがドライブからのレイアップを狙う。リラードは、ルディ・ゴベアのブロックを意識し、ボールを高く浮かせてバックボードに当てた。予想通り、ゴベアからブロックを見舞われたものの、バックボードに当たったゴールをブロックするのはルール上明らかなゴールテンディング。カウントになり、同点に追いついたと思われた。しかし笛は吹かれず、試合はそのまま117-114でジャズが逃げ切った

引用:「Damian Lillard got screwed, and the refs couldn’t review it. Just get rid of replay」(SBNATION)

試合後に発表された最後の2分間のレポートでは、審判団は吹き逃しを認めた。現行のルール上、審判が笛を吹かない限りレビューを要求することができない。ブレイザーズは泣き寝入りするしか術はなく、そのまま敗北したという格好だった。リラードは、試合中と試合終了直後もそうだったが、その後のメディアインタビューやSNS上でも憤怒。荒れに荒れまくった。


こんなクソみたいな言葉、誰も聞きたくない。 

-ダミアン・リラード

私たちはプレオフレースを走っている。それを尻目に、彼らは簡単な笛の吹き逃しで私たちから大事な1勝を奪ったんだ。

ーダミアン・リラード

(インタビューに応えるLillardの目がマジすぎて怖い…)


リラードだけでなく、チームメイトたちも同様、落胆と怒りを露わにする。

負ける時は負けるもの。でも、誰だってこんな負け方したくないに決まっている。

ーCJ・マッカラム

審判には、公明正大であってほしい。こんな形で敗北を喫してしまったら、さすがに苛立ちを隠せないね。

ーカーメロ・アンソニー

リラードのSNS上での怒りの言葉に対して「莫大な罰金を食らってしまうぞ」というコメントが入ると、すかさずリラードはこの一言。

金ならいくらでもある。

ーダミアン・リラード

今回の問題、リラードに問題があったというよりは、NBAの現行のルール自体に問題があるように思う。The Ringerのケビン・オコーナー氏は、冗談交じりにルールの改正を訴えた。(オチが最高におもしろい。笑)

目が覚めて、ブレイザーズとジャズの試合を見ていた。3人の審判、君たちは目が見えないのか? 冗談だろ? ゴベアの明らかなゴールテンディングがレビューできないのなら、レビューの制度がある意味って何だ? まったく笑えないジョークだ! NBAは正しく落とし前をつけ、ルール自体も変える必要があるね。ベッドに戻って寝るわ。

ーケビン・オコーナー

オコーナー氏の指摘は最もで、勝敗を分ける重要な局面で判定の難しいプレイが出てきて、現行のレビューがそれを正しく判断できないものであるなら、それは直ちに変えたほうがいいと思う。シーズン中の改正は難しいだろうが、将来的にNBAの審判団が適切にテコ入れしてくれることを望むばかりだ。そうでなければ、自分たちの首を締めることにもなるだろう。

悲劇的な敗北となったブレイザーズだが、8位のグリズリーズとは2.5ゲーム差の9位につけ、まだまだ巻き返しの可能性は大いにある。リラード自身も直近9試合でFG成功率51.4%、3ポイントFG成功率52.0%、3ポイント成功数約7本の平均42.4点と、まさに「鬼神」のごとき活躍を続けており、その9試合で6勝3敗とチームも好調。ぜひ切り替えて、プレイオフ出場に向けて邁進してほしい。

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。