「ようこそNBAへ」の悲喜こもごも

NBA入りを果たす選手は誰しも、必ず覚えているNBAデビューの瞬間がある。誰もが「ルーキー」として経験する1年目、先輩選手から「トラッシュトーク」を仕掛けられるほろ苦い歓迎を受けることもしばしば。今回は、何人かの選手をピックアップし、NBAデビューの悲喜こもごもを追ってみた。

引用:「Every player remembers their ‘welcome to the NBA’ moment」(Yahoo! Sports)

■テレンス・デイビス(トロント・ラプターズ)の場合

2019年のドラフトで指名されなかったテレンス・デイビスは、デンバー・ナゲッツからサマーリーグでプレイするよう招かれた。デビュー戦で5本の3ポイントを沈め、22点を奪った。するとエージェントから電話があった。ディフェンディングチャンピオンのラプターズとの契約の打診だった。

これが彼のNBA選手となる瞬間だった。

数カ月後、デイビスは埼玉スーパーアリーナで開催されるヒューストン・ロケッツとのプレシーズンゲームのために日本に来た。そこで彼は、NBAの洗礼を受けることになる。

プレシーズンゲーム1試合目、ラッセル・ウエストブルックの出来はお世辞にも良いと言えるものではなかった。3ポイントは1/6と散々で、ベンチからそれを眺めていたデイビスは何かを言いたい衝動に駆られた。

デイビスはウエストブルックに向かって声を上げた。「バグっちまったな。」

すると、ラプターズベンチにウエストブルックが歩いて向かってきた。近くにいたジェームス・ハーデンも寄ってきて、デイビスに罵詈雑言(ばりぞうごん)を浴びせた。これがデイビスにとっての「ようこそNBAへ」だった。

■マイヤーズ・レナード(当時はポートランド・トレイルブレイザーズ)の場合

レナードは、2012年に20歳でポートランド・トレイルブレイザーズでNBAデビューした。

開幕戦、ブレイザーズはホームでレイカーズと対戦した。レナードはそのデビュー戦で、21分の出場で4点を記録した。しかし、彼のデビュー戦の一番の思い出はそれではなかった。

試合前、レナードはコートの中央で憧れのコービー・ブライアントと言葉を交わした。レナードは思った、「ちょっと待ってくれ。あのコービーが今、私の目の前に立っているぞ。私なんか、ただのイリノイの田舎者だぞ。どうやってこうなったんだ?」試合後、レナードは家族と友人に興奮しながらそれを分かち合ったという。

■オースティン・リバース(当時はニューオーリンズ・ホーネッツ)の場合

試合前、モンティ・ウィリアムズHCはホワイトボードにマークマンのアサインを書いた。そして、リバースに告げた。「オースティン、お前のマークはコービーだ。」オースティンは浮世離れした感覚に襲われたという。「自分がコービーと対峙することになるなんて、にわかに信じられなかった。私がずっと憧れてきた選手をマークする。それが自分にとってのNBAデビューの思い出だ。」

引用:「Every player remembers their ‘welcome to the NBA’ moment」(Yahoo! Sports)

■ケビン・ラブ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)の場合

ケビン・ラブがNBA入りを果たした2008年、NBAはPF隆盛の時代だった。ある夜はダーク・ノビツキーとプレイしたと思ったら、次の夜にはケビン・ガーネットとプレイする。そんな刺激的すぎる日々を送っていた。

そんななか、ラブにとって最も印象深いのはティム・ダンカンだった。デビュー後4試合目で、5回の優勝を誇り、殿堂入り確実な選手とマッチアップすることになったラブ。ダンカンはラブのすぐ近くまで来ると、ラブとの1on1で伝家の宝刀であるバンクショットを決めた。

「ダンカンは寡黙な男」とラブは語る。「あなたはいとも簡単にバンクショットを沈める。どうやって止めればいいんだ?」と問い掛けてみると、「そうだな、君にできることはないかな」と答えたという。

この投稿をInstagramで見る

Just reflecting on the 2020 HOF class and missing the game. Tim Duncan — Best Power Forward Ever. Being in the Western Conference my first 6 years, we had a lot of battles. He gave me my welcome to the NBA moment 4 games into my rookie season. Having that experience and watching Tony Parker drop 55 on us was a lot for a fat white boy from suburban Oregon who turned 20 y/o only 2 months prior. As I’m writing this I’m just realizing it’s his birthday…so, HBD to the 15x All Star, 5 time Champion, 15x All NBA, 15x All Defensive, 2x MVP, 3x Finals MVP, 97-98 Rookie of the Year. I wouldn’t have the success I’ve had in our league without learning from #21. 🙏🏻🙏🏻🙏🏻

Kevin Love(@kevinlove)がシェアした投稿 –

■フレッド・バンブリート(トロント・ラプターズ)の場合

テレンス・デイビスに近い経歴を持つのが、チームメイトで同じくドラフト外選手のフレッド・バンブリートだ。バンブリートは、昨季ラプターズが初優勝を果たす立役者の一人だった。バンブリートはルーキシーズンに受けた手痛い歓迎を今でもよく覚えている。「誰もがベンチでトラッシュトークをしていた。舌なめずりすらしていた感じだよ。」

若い選手にとって、尊敬を勝ち取ること以上に満足できることはないだろう。バンブリートが自身の地位を確立するに当たって、相手チームのベンチの目の前で3ポイントを沈めることを強調する。

「決めると、一気に沈黙する。ボールを持つだけで野次がどんどん飛んでくるが、ワイドオープンで3ポイントを決めようものなら、皆『くそが』って感じになって黙るんだ。」

引用:「Raptors missing injured guard Fred VanVleet for a second straight night」(CP24)

====================

十人十色の洗礼があるNBA。今回ピックアップはあくまでほんの一握りのケースで、選手の数だけデビュー秘話があるだろう。選手一人一人がどんな思い出があるのか思い巡らせるのも楽しいかもしれない。

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。