アダム・シルバーとクリス・ポールの強い信頼関係

NBAのコミッショナーであるアダム・シルバーとNBA選手会の会長であるクリス・ポールは、われわれファンが思っている以上に強い信頼関係があり、今のNBAの成功を支えている。

引用:「How the trust between Adam Silver and Chris Paul will shape the NBA’s restart」(ESPN)

コービー・ブライアントがヘリコプターの墜落事故で逝去した1月26日、NBAでは8試合が予定されていた。アダム・シルバーはその日、試合を予定通り開催すべきかどうかについて、選手会の会長であると同時にコービーの親友の一人だったクリス・ポールに助言を求めていたという。

私たちは同じ思いだ。こんな時にこそ、人々は共に集まり、共に寄り添うことを望むだろう、と。

ーアダム・シルバー

シルバーとポールという2人のトップの話し合いの結果、1月28日に予定されていたレイカーズとクリッパーずのLAダービーのみ延期となったが、その他の試合はすべて予定通り行われた。コービーの死を悼みつつ、プロとしてファンを楽しませ続けることこそ今のNBAができることとして、NBAは走り続けた。24秒バイオレーション、8秒バイオレーションによるコービーへのトリビュートなどによって、ファンと共にコービーへの愛を示すことができ、ファンとのつながりもより深まったのではないかと思う。

コービーの死という特別な状況だったからシルバーがポールの声に耳を傾けたわけではない。先日のNBAオールスター2020の新フォーマットをシルバーに提案したのも、実はポールだった。

昨年の夏、ポールから電話をもらった。彼はこう切り出した。「私は『The Basketball Tournament』が大好きなのですが、『イラム・エンディング』についてご存じでしょうか?」私は、「何回か見ているよ。確かに、私の目には魅力的に映るが、一部の人には混乱を招いてしまうかもしれない」と伝えた。しかしポールは食い下がり、「素晴らしいとは思いませんか? われわれは、オールスターのフォーマットをイラム・エンディングに変更すべきだとは思いませんか?」 私はこう返した。「もし君が本気なら、理事たちに意見を聞いてみるといい。その後で、リーグに掛け合おう」。理事との相談の後で彼から私に返ってきた答えは、「興味深い。ぜひ試してみるべきだ」というものだった。

ーアダム・シルバー

「イラム・エンディング」は、試合の終盤に時間ではなく得点によって勝敗を決する方式。今回のオールスターの「ターゲットスコア」の仕様の元となった。こうして、ポールの助言から今回のオールスターは大成功を収めることになった。ポール自身も、3ポイント7本を含む23得点の大活躍。さすがのゲームコントロールと終盤の競った状況でのリーダーシップを発揮したり、珍しくアリウープでダンクを決めたりするなど、生き生きとしていた。

引用:「WATCH: Chris Paul out here dunking in the All-Star Game at 34」(USA TODAY SPORTS)

正直、ロックアウトの時の折衝役としてくらいしかイメージのなかった選手会。オールスターのフォーマットを変えてしまうこともできるなんて想像もしなかった。実は、ポールにとって今回のオールスター選出は4年ぶり(10回目)。ある意味、天から見放されたようなトレードでサンダーに移籍し、年齢も34歳とこれからのキャリアは下降の一途を辿っていってしまうのかと思っていた。そんな苦しい状態のなかでも、NBAがより進化し、ファンをもっと楽しませられるようにと、常に考え、動き続けていた賜物が今回のフォーマットの刷新につながったように思う。そんなポールの真摯な姿勢を高く評価し、信頼を寄せていたからこそ、シルバーも大胆な決断に至れたのだろう。

NBAの命運を握ると言っても過言ではないシルバーとポールの2人。これからもその強い信頼関係のもと、共にNBAを牽引し、革命を起こし続けていってほしい。

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。