マンスリーアーカイブ March, 2020

人の心に寄り添う豪傑、ケビン・ラブ

新型コロナウイルス感染症の流行拡大により、最低30日間のシーズン中断が決定したNBA。そんな非常事態のなか、クリーブランド・キャバリアーズのケビン・ラブは、シーズン中断中にキャバリアーズの本拠地、ロケット・モートゲージ・フィールドハウスで働くスタッフの給与を保証する一助となるようにと、10万ドル(約1,000万円)を寄付した。

NBA随一のタフガイ、ジミー・バトラー

NBA屈指のタフガイで知られる、マイアミ・ヒートのジミー・バトラー。最近、自身の才能や存在価値について、このように語っている。

レブロン・ジェームス、自身のメンター法を批判する人々に対して贈る言葉は「おとといきやがれ」

35歳を迎えてもなおトリプルダブルを記録するなど、ますます円熟味を増すレブロン・ジェームス。現地時間日曜日に行われたニューオーリンズ・ペリカンズ戦の後、レブロンのメンター法を批判する人々に対して、自身の考えを述べた。
Advertisment

Most Popular

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

競争者として、少女の父親として。コービーと絆を結んでいたザック・ランドルフ

コービー・ブライアントが逝去したあの悲劇的な事故から1年。元NBAオールスターのザック・ランドルフと、ブライアントの女子バスケットボールチームでプレイしていたランドルフの娘であるマッケンリーは、いまだにブライアント父娘の弔いを続けている。 ザック・ランドルフとコービー・ブライアントは、10年以上にわたってNBAのウエスタン・カンファレンスで同じ時代に戦った同士だ。2人は、オールスターゲームで2度チームメイトだった。彼らは、ブライアントがレイカーズの一員として、そしてランドルフがロサンゼルス・クリッパーズの一員としてプレイしていた短い期間(2008-09シーズンの1シーズンのみ)、ステイプルズ・センターという同じ職場を共有していた。