ナゲッツの重要なピースになっているマイケル・ポーターJr.

1-3とシリーズ敗退に王手が掛かった崖っぷちの状況でゲーム5に臨んだナゲッツ。試合の天王山でルーキーが大車輪の活躍を遂げてクリッパーズを退け、2-3と踏みとどまった。そのルーキーとは、マイケル・ポーターJr.(以下、MPJ)である。

引用:「Nuggets rookie Michael Porter Jr. after clutch Game 5: “I stand by what I say”」(The Denver Post)

試合は終始クリッパーズが優位に進めていたが、4Qの残り7:06にナゲッツが初めてリードを奪うと、追いすがるクリッパーズを振り切り激戦を制した。リードチェンジはその1回のみ、最大点差としてはクリッパーズが16点差を築いていたのだが、後がないナゲッツが見事なカムバックを見せた。

クリッパーズのPGは試合後、「彼らには選択肢が残っておらず、まさに死に物狂いだった。私たちのほうが『運転席』にいたわけだが、彼らが行きたかった場所へと彼らを連れていってしまった。彼らを早くに追い出しておけばよかった」と反省の弁を語った。

4Qの終盤、クリッパーズはカワイ・レナード、ポール・ジョージの2枚看板の活躍で2点差まで詰め寄ったが、MPJが引導を渡した。残り1:11、嫌な流れを断ち切り大きなリードをもたらす値千金のスリーポイントをヒット、105-100とする。また、その後のディフェンスでも、ズバッツのダンクを背後から見事にブロックし、重要な局面を乗り切る新人離れした活躍を披露した。

正直、残り1:11のスリーポイントは、「そこでお前が打つ⁉︎」と思ったNBAファンの方も多かったかもしれない。私も打った瞬間はその思いを抱いたことは否定できない。しかし、MPJは決め切り、チームを救った。良い意味での空気の読めなさ、思い切りの良さで結果を残したことが何より素晴らしかった。

実はMPJ、前の試合であるGame 4の終了後、「クリッパーズという強大な敵を倒すためには、もっと多くの選手が試合に絡んでこないといけない。マレーやヨキッチだけで勝てるほど甘くはない」といった物議を醸す発言をしており、マイク・マローンHCにも「ロッカールームの外に持ち出すべき話じゃない」とたしなめられ、ダミアン・リラードからも批判の声が上がっていた。

ただ、MPJもチームメイトを批判する無鉄砲な発言をしたかったわけでも、そういった意図があったわけでもないと釈明。「自らが正しいというエゴを主張したいわけではなく、チームメイトの声に耳を傾けていきたい」と語っている。

色々複雑な舞台裏もあると思うが、話は至ってシンプルで、MPJが活躍を遂げ、ナゲッツが勝ち切った、という最も重要な事実に目を向ければいいと思う。「強い者が勝つわけではなく、勝った者が強い」という言葉もあると思うが、今日はクリッパーズよりもナゲッツのほうが強かった。そのキーパーソンになったMPJは称賛に値する、そう思う。

背中の負傷で昨年は全休したMPJにとって、今季は実質1年目のシーズンを送っているわけだが、出場したりしなかったりが続き、決して安定していなかった。しかし、1巡目14位指名ではあるものの、元々はケガがなければ1位指名も期待された逸材。ルカ・ドンチッチやトレイ・ヤングら同期が先にブレイクしたのを横目に、このプレイオフでの躍進を胸に秘めていただろう。

シーズン再開から現在まで、その潜在能力を十二分に発揮しているMPJ。2-3とこのシリーズが追い詰められた状況にあることは変わりはないが、彼の爆発と成長がナゲッツにとって不可欠であることは疑いようがない事実だろう。

引用:「Michael Porter Jr. threw down the dunk of the playoffs over the NBA’s 6th man of the year, and his dad was on scene to react to the epic poster」(BUSINESS INSIDER)

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。