アンドレ・イグダラ が絶賛するヒートのカルチャー、試練の最中にあるメイヤーズ・レナードとケンドリック・ナン

マイアミ・ヒートでいぶし銀の活躍を見せているベテランのアンドレ・イグダラ は、独自の視点を持ってヒートに移籍したようだ。

引用:「Iguodala breaks down his first impression of ‘Heat Culture.’ Also, Spoelstra earns votes」(Miami Herald)

NBA16シーズン目を迎えるイグダラ は、過去6シーズンをゴルデンステイト・ウォリアーズで過ごした。イグダラはウォリアーズ在籍中に5度のNBAファイナルに進出。過去3シーズンはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ケビン・デュラントというオールスターと並んでプレイし、2015年にはファイナルMVPも獲得した。

引用:「3 Titles Later, Golden State Warriors’ Championship Run Was Never a Certainty」(Bleacher Report)

だからこそ、2月にヒートに移籍して以来、36歳のイグダラ が「ヒートのカルチャー」について何を学んだかについて尋ねられたとき、彼の答えはいくつかの重みを持っていた。

インディアナ・ペイサーズとのファーストラウンドのゲーム3に臨む前、イグダラはヒートというチームについてこう語っていた。

人々が見ているヒートは『ハードワークにハードワークを重ねるヒート』だと思う。しかし、チームの全体像を俯瞰してみると、選手たちの肉体は絞れており、十分に仕上がっていることがわかるだろう。例えば、ソロモン・ヒルを見てみよう。彼はこのプレイオフで出場時間はかなり限られているが、彼はいつでも試合に出ていく準備ができている。彼の仕上がった肉体を見るとき、彼が日々、自分自身の行うべき仕事に熱心に取り組んでいることがわかる。彼は、常に『前に進む』ということが自分自身のキャリアを支えていく、ということを理解しているからだ

ーアンドレ・イグダラ

彼はまた、ソロモン・ヒル同様、いやそれ以上に、ルーキーのタイラー・ヒーロー、2年目のダンカン・ロビンソンをほめちぎる。

彼らは既に成功を収め始めているのに、決して周囲からの評判や小さな成功に満足をしない。彼らは今以上の成功を熱望しているんだ

ーアンドレ・イグダラ
引用:「“Wary of What We Were Saying”: Miami Heat’s Duncan Robinson Shares His Peculiar Experience of Playing Inside Orlando Bubble」(Essentially Sports)

イグダラがヒートのカルチャーで最も注目している点は、ヒートという組織が若い才能に溢れた選手に対して取っているアプローチの方法だ。

ヒートは若い選手がチームに来ると、選手の育成の方針や真のプロバスケットボール選手になるための方法を学ぶこと、そしてそれらが彼らのキャリアや人生にどういった意味を持つのかについて語る試合に集中すること、映像から学ぶこと、分析・研究すること、自分のバスケを究めること、長所を保ちつつ短所を長所に変えていくことなどについて、若い選手にどう理解させるかの面で目標を定める。ヒートは若い選手たちを、ユドニス・ハスレムのように息の長い選手になることができると見て、そのように接している。(球団社長の)パッと・ライリーと、彼の著書「The Winner Within」を見るとそれがよく理解できる。実際にマイアミに来る前から、このチームのことは大体わかっていた

ーアンドレ・イグダラ
引用:「Pat Riley Says Jimmy Butler Had ‘Perfect’ 1st Week With Miami Heat」(HEAT NATION)

イグダラには、日に日にチームでの居心地の良さが増してきているようだ。2月にヒートと結んだ2年3,000万ドルの契約延長は来季から始まり、2021-22シーズンはチームオプションとなっているが、すでにチームとその将来に対して十分な手応えを得ているだろう。

 自身のベンチからの起用が定着してきたことについては、「『経験は最高の教師』といつも言われている。これまでとは異なるラインアップ、異なるグループでも、とても良い感触を得ているよ」と満足感を抱いている。「私は、チームを外から見ながら、試合に入っていく時に、自分が何をもたらすべきか、自分がもたらせる価値を見極め、実際にもたらすよう努力している」。

■メイヤーズ・レナードは常に準備ができているように努力し続ける

引用:「Miami Heat’s Meyers Leonard Unveils Embarrassment of Being ‘White Privileged Male’」(HEATNATION)

ヒートのローテーションから落ちてから初めて、センターのメイヤーズ・レナードは記者団に自身の現在の状況について話した。

レナードは今シーズン、ヒートで最初の49試合に先発したが、左足首の捻挫のため、シーズン中断前に16試合を欠場していた。シーズン再開後、彼はベンチからの起用となっている。レナードはシーディングゲームは8試合のうちわずか2試合の出場にとどまり、ファーストラウンドには結局出場せず、セカンドラウンドもゲーム3にわずか10分ほど出場したのみだった。

ローテーションから落ちたことについて、「受け入れることは決して簡単なことではなかった」とレナードは心境を吐露した。

私はこのチームで日々競争することが大好きだ。この組織の全てを愛している。このチームのメンバー、スタッフ、そしてこの組織に関わる全ての人には、何か特別なものを感じるんだ。一方で、その一部がまだ自分には欠けているように感じる。自分には一部が欠けていると言ってしまうことは、単に無知なだけなのかもしれない。ただ、常に準備しているということは本当に大切だ。私が出場の機会を得ることができたときに、しっかりと準備ができている状態でいられるようにしたい。

ーメイヤーズ・レナード

レナードは、今も足首のケガのリハビリに励んでいる。パンデミックにより、彼の深刻な足首のケガの治療は制限された。

リハビリを続けていく必要がある。COVID-19で、誰もが『メイヤーズにはリハビリのための十分な時間があった』と言っていた。しかし実際には、COVID-19によって、必要としていた十分な治療を受けられなかったんだ。私は自宅で一人、リハビリに必死で取り組んだ。でも、アリーナに来てできたことと言えば、ただジャンプシュートをすることだけだった。休養のための時間があったことは確かに良かった。深刻なケガを負ってしまったが、私の体は基本的に強く、治癒力も高い。それでも、メディカルスタッフによる継続的な治療が必要だったんだ。今はやっとその必要としていた治療を受けられている。天と地ほどの差だよ。

ーメイヤーズ・レナード

■ケンドリック・ナンもまた決して容易ではない道の途中にいる

引用:「Miami Heat News: Kendrick Nunn Leaves NBA Bubble Due to Undisclosed Reason」(HEAT NATION)

レギュラーシーズンでは67試合に先発出場していたドラフト外ルーキーのナンは、プレイオフ開始と同時に、レナードと同様ベンチ起用となったが、レナードと同様、出場時間は大幅に減少した。

レナードは彼の置かれた状況に共感しつつ、大きな期待を抱いている。

ナンは私よりも年下。私もこれまで経験してきていることだが、彼は今この試練に立ち向かっていかなければならない。特に、新人王の賞レースでTOP 3に入っていた存在にとっては、なおさら対処していくのが難しいだろう。でも、私たちはプレイオフを戦っている。ここは、私たちが輝きたい場所なんだ。今の彼にはその機会がなかなかないが、ケンドリック・ナンをチームが必要とする日が必ず来る。彼がその時に向けて正しい準備ができていれば、 毎日ハードワークを続け、映像を見て研究し、あと少し、もう一歩の努力を重ねていれば、彼はその時を確かに準備ができている状態で迎えられるだろう。

ーメイヤーズ・レナード

ヒートがイースタン・カンファレンス5位でプレイオフに進出し、今快進撃を続けられているのも、レナードやナンの下支えと存在があるからだ。いよいよこれからボストン・セルティックスとのカンファレンス・ファイナルに挑んでいくヒート。重要な局面で彼らにチームを支える大切な役割を果たす機会が巡ってくることを願うばかり。

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。