アンドレ・イグダーラが見いだすタイラー・ヒーローとステフィン・カリーの共通点とは?

かつてゴールデンステイト・ウォリアーズに6年間在籍し、2年連続MVPの経験のあるステフィン・カリーと共に3度の優勝を経験したヒートのアンドレ・イグダーラは、プレイオフで輝きを放つルーキーのタイラー・ヒーローに、史上最高のシューターの呼び声高い元チームメイトのカリーの面影を重ねている。

引用:「NBA – Iguodala réagit aux comparaisons entre Herro et Curry」(Parlons Basket)

イグダーラはもちろん、ルーキーのヒーローが将来殿堂入りが確実なカリーと同じレベルにあると主張したいわけではない。イグダーラは2つの点において、2人の間に共通点を見いだしている。

私は彼らを比較したいわけじゃない。しかしながら、彼らは間違いなくある特徴を持っている。正しい言葉で表現するなら、ボールの扱い方と自分のシュートへの持ち込み方において、ヒーローはカリーと類似する特徴を見せているんだ。もちろん、全く同じとは言わない。でも、彼らには2つの点で非常に似ている部分があるんだ。それは、「ドリブルから自分のシュートポケットに入ることができる」という点と、「キャッチアンドシュートで自分のシュートポケットに入ることができる」という点だ。これは非常に珍しいと思う。2人は試合の中で、この2つの特徴の両方を併せ持っているんだ。

ーアンドレ・イグダラ

イグダーラは6年間、ウォリアーズでカリーと一緒にプレイした盟友だ。イグダーラはデンバー・ナゲッツの一員として2013年のプレイオフでカリーがブレイクするきっかけになったパフォーマンスを間近で見たベテランであり、この件について明らかな当事者だ。2013年のレギュラーシーズン、カリーはスリーポイントで45.3%という非常に高い確率を残し、一流のシューターとして自身の才能を証明した。プレイオフではファーストラウンドでイグダーラを擁する3位ナゲッツと対戦し、4-2で6位のウォリアーズがアップセット。その年のオフシーズン、可能性を見いだしたイグダーラはそのウォリアーズに移籍したという経緯がある。2年連続MVPを獲得した経験のあるカリーと同列にして比較されるということは、弱冠20歳のルーキーであるヒーローにとって、究極の賛辞と言えるだろう。

引用:「Andre Iguodala signs with Warriors, ushering in an era of small ball」(SBNATION)

カリーはもちろん、キャリアの真っただ中にありながら歴史的に支配的なシューターであり、私たちが知っているように、ウォリアーズの戦い方はNBAを本質的に変えた。ヒーローは、このカリーに追いつくために果たさなければいけない仕事が山ほどあるわけだが、自身の持つカリーと同様のスキルセットを十二分に生かせば、早期に成功を収められる可能性を持っていると言えるのではないだろうか。

引用:「A Herro will rise: Heat one win from NBA finals as rookie burns Celtics in Game 4」(The Gardian)

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。