レブロン・ジェームスの長寿を支える睡眠の質と量

キャリア17年目にして10回目のファイナル進出という偉業を成し遂げ、今なおNBAで圧倒的な存在感を放つレブロン・ジェームス。そんなレブロンは、自分自身の身体のケアのために、食事から運動、高度な回復方法に至るまで、毎年1億円以上を費やしているとも報じられている。しかし、彼の身体のケアの中で最も重要な要素は、おそらく「睡眠」だろう。

引用:「The night LeBron James scored 57 points against the Washington Wizards」(inkl)

レブロンのトレーナーを務めるマイク・マンシャスは、レブロンのライフスタイルや習慣、そして長寿の鍵は、彼の決して終わることのない回復にあり、それには睡眠が重要な要素となっていると語る。また、マンシャスは、なぜ睡眠が重要なのか、そして何が良質な睡眠を促進するのに役立つのかについて、このように説明する。

レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)に入りながら、身体は回復し、自己修復を行うわけだが、レブロンは最適な睡眠のために最適な環境を整えることに余念がない。彼は、常にホテルの部屋の温度が20〜21度という適切な温度に保たれていて、寝る時には必ず部屋が真っ暗になっていることを確認する。また、携帯電話やテレビなど、あらゆる電子機器は、睡眠に入る30〜45分前には必ずオフにすることで、睡眠を最適化している。そして彼は、「Calm」と呼ばれる睡眠アプリを使用して、雨露が滴る時の効果音を聞きながら眠りに落ちる。これらを忠実に実践しているんだ。

ーマイク・マンシャス
引用:「MEET LEBRON JAMES’S TRAINER: MIKE MANCIAS」(LADDER)

レブロン自身も、睡眠が精神的、感情的な健康にどれほど重要であるかについて、次のように語っている。

良質な睡眠こそ、身体的にも精神的にも、可能な限り100%の状態に回復するための最善の方法なんだ。目が覚めた時に100%の気持ちになれているかどうかで言うと、そうではない日も確かにある。たまたま気分が良いという日もある。しかし、睡眠時間は多ければ多いほど良い。8時間は必ず確保するが、もし9時間に増やすことができたら、それは素晴らしいことだ。時には、10時間になることもあるよ。

これこそ、身体の回復にとって最良の方法だと思う。アイスバッグやノーマテックといった、リカバリーパッケージの全てを起きている間に活用することもできるが、十分な睡眠を取ることで、目が覚めた時に本当にフレッシュな状態になれる。目覚まし時計なんて必要ない。朝起きて「よし、今日も最高のレベルでプレイできる」という気持ちになれるんだ。

ーレブロン・ジェームス

36歳を迎えてもなお、NBAで支配的なプレイを続けられる秘訣は、おそらくこの睡眠に対する熱心な取り組みにあるだろう。彼のプロ意識の高さには、本当に脱帽する。レブロンは一体、何歳まで今の高いレベルを維持し、そして何歳までリーグでプレイするのだろうか。常識では考えられないレブロンのロングランに大いに期待したい。

引用:「Lakers Star Lebron James Adds Another Accolade to His Magnificent List of Career Achievements」(ESSENTIALLY SPORTS)
JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。