レブロン・ジェームスがボディケアに費やす1.5億円の使い道

17年目のシーズンとなった今季、昨年12月には35歳を迎え、大ベテランの域に入っているレブロン・ジェームス。レギュラーシーズンは71試合中67試合に出場し、プレイオフにも18試合に出場しており(ファイナルのゲーム3まで)、まったく衰えを見せない超人的なパフォーマンスを続けている。

レブロンは、フィジカルの面でリーグで最も支配的な選手の一人だが、すべてがナチュラルにそうなっているわけではない。レブロンは自身の身体のケアのために、年間で約1.5億円にも及ぶコストを費やしていると言われている。それらはすべて、肉体的な衰えを見せる気配のないレブロンにとって価値のあるものだろう。

そこで今回は、レブロンが最高の状態を維持するために、どのようにお金を使っているかについて具体的に紹介したい。

引用:Los Angels Lakers Twitter

・レブロンには、トレーナーからマッサージセラピスト、シェフに至るまで、共に働くメンバーがそろっている。

2015年に背中に問題を抱えていたレブロンは、マイアミで一緒に働いていたトレーナーのデビッド・アレクサンダーに相談した。アレクサンダーはレブロンに、バイオメカニクスの専門家である元海軍の特殊部隊の隊員だったドニー・ライモンを紹介した。

ライモンはジェームズの体幹の強化を支援し、最終的には背中の問題は解決できた。やがてレブロンはライモンをフルタイムで雇い、ライモンはジェームズの近くにいるべくオハイオ州アクロンに引っ越したという。

この投稿をInstagramで見る

#Repost @dzandertraining with @repostapp ・・・ People always ask me, “What is Biomechanics?? Well this photo might be the best definition there is. My ace and DBC Biomechainst @donnieraimon keeping my brother @kingjames firing on all cylinders. DBC is a system that is changing the way athletes approach exercise. But here’s the other definition for those that didn’t get it 😉 ====================== Biomechanists must have a solid background in the fundamentals of Mechanical Engineering including post Calculus Mathematics, several years of college Physics, Material Mechanics, and Multi-segment Mechanics before moving forward to the biological sciences. The method of Biomechanics is the method of Engineering! To understand anything in nature we must know it’s geometry, materials of construction, the mechanical properties of the materials, the governing laws of physics and the mathematical modeling of the motion. #WhereDoYouTrain #DBC #ChangingTheGame #Education #CertificationComingSoon

Donnie Raimon(@donnieraimon)がシェアした投稿 –

・ジェームスはワークアウトの虫だ。彼は、マイアミ・ヒートとクリーブランド・キャバリアーズのジムを自宅に再現したと言われている。

・家族もそのジムを利用しており、器具には彼のパーソナルロゴが入っているようだ。

・レブロンが強靱な肉体の維持のために行っている一番の取り組みは、試合への準備と、試合終了後の回復のために行うさまざまな方法による治療だ。彼は、氷風呂のもっと効率的なバージョンである、液体窒素を使用した「低温(冷凍)室」に投資する最初の選手の一人だと言われている。

引用:「LeBron James reportedly spends $1.5 million per year to take care of his body — here’s where it goes」(BUSINESS INSIDER)

・レブロンは、「高圧酸素治療装置」を利用して、より多くの酸素を体内に入れることを好んでいる。精神的な意識を高めることにも役割を果たしているそう。

引用:「LeBron James reportedly spends $1.5 million per year to take care of his body — here’s where it goes」(BUSINESS INSIDER)

血流を良くするために、加圧スリーブ、ショートパンツ、ブーツを着用する。見ての通り、ブーツはかなり巨大。試合後の飛行機での移動でも加圧装置を着用しており、毒素を抜いて筋肉を休ませるために、電気刺激装置にも接続されているという。

引用:「LeBron James reportedly spends $1.5 million per year to take care of his body — here’s where it goes」(BUSINESS INSIDER)

・レブロンは、シンプルに氷風呂による治療も行っている。

・レブロンには専属のマッサージセラピストもいて、足の治療も好む。

・レブロンには専属のシェフもいる。レブロンは基本的に、赤身の肉と砂糖を避けるようにしているが、たまには贅沢をすることも。

・しばらくの間、レブロンと妻のサバンナ・ブリンソンは、マイアミで「ジュース・スポット」と呼ばれるジュース店を経営していた。それは2014年に閉店し、他の場所にも出店したかどうかは不明。

・コート上でのパフォーマンスには関係ないかもしれないが、レブロンはワイン愛好家。彼はシーズン中にも、贅沢なワインパーティーを開くことがある。

いかがだっただろうか。元チームメイトのマイク・ミラーは、レブロンのボディケアのためのお金の掛け方は、一種の「投資」だと話す。「レブロンは、多くの人が費やさないところへと、自分の身体のケアのために多くのお金を注ぎ込んでいる。多くの人にとってそれは大きな出費に見えるかもしれないが、レブロンにとってはその大きな出費のおかげで、長い間、もっと多くのお金を稼ぐことができているんだ」。

今後、まだ3、4年はリーグのトッププレイヤーとしてNBAを牽引していきそうなレブロン。彼が年を経てもコートで暴れ回ることができている秘訣は、これらのさまざまな「投資」が寄与していることは間違いないだろう。

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。