クイン・クックが見るレイカーズのケミストリーとリーダーシップ

“この1カ月間、多くの人から「バブルってどんな感じ?」と尋ねられてきた。この経験を表現する方法として最適なのは、まるで「大人のAAUチーム」にいるような気分だということかな。レイカーズは、シーズンを通してずっと本当に仲が良いんだけど、最近はまた違うレベルのケミストリーになってきているんだ。

引用:「Quinn Cook: Inside look at the Lakers’ chemistry, leadership」(BASKETBALL NEWS)

バブルにいるほとんどの時間、一日中皆が一緒に過ごしているよ。毎日ね。一緒に練習に行って、その後皆で昼食を食べに行って、その後はホテルでくつろいで、それからまた一緒に夕食を食べに行く。NFLの試合を見たり、NBAの他のチームの試合を見たり、 テレビをチェックしたりして、余暇を過ごしているよ。時折、皆で集まり、座って話をすることもあるんだ。中でも、ベテランの話を聞くのが大好きなんだ。普段、自分たちのキャリアのここまでの道のりやこのリーグで成し遂げてきたことについて振り返って感謝するために立ち止まることはないけれど、ここではそんな時間も過ごしているよ。また、どうすれば地域社会に貢献できるかについて議論し、多くのブレインストーミングも行ってきたよ。

NBAのどの組織も、ケミストリーを発展させ、力強い文化を築き上げることを追い求めているだろうけど、それは「言うは易し、行うは難し」だ。しかし、ことレイカーズに関して言えば、私たちには本当の兄弟愛がある。本物の家族のような感覚があるんだ。このグループは、今シーズンを通して多くのことを経験してきたけれど、それら一つ一つが私たちの距離をさらに縮めてくれたことは間違いないんだ。たいてい、チームは大きな勝利、厳しい敗戦、ロードでの遠征などを通してケミストリーを深めていくもの。私たちはそれらすべてを経験したそのうえに、パンデミック、コービーの死、そして今NBAの歴史の中でも最も奇妙なポストシーズンに臨んでいるんだ。

強力なリーダーシップは常に重要な要素だけど、こういったシーズンではなおさら重要だ。私たちのリーダーであるレブロンとADは、初日からチームの「トーン」をセットしてくれた。昨年の9月には、レブロンとADがラスベガスでミニキャンプを開催してくれた。レブロンとADは、世界最高の選手であるにもかかわらず非常にアンセルフィッシュで、常にチームのことを第一に考えている。2人は皆を引き上げたいと思っているし、チームメイトを助けたいと思っている。それは本当に珍しいことだよ。

引用:「Quinn Cook: Inside look at the Lakers’ chemistry, leadership」(BASKETBALL NEWS)

レブロンと共に時間を過ごせば、彼が伝説的な存在である理由ははっきりとわかる。彼はまさしく本物だ! レブロンとADは、必ず最初にジムに入ってくるんだ。レブロンは練習の2時間半前には現れ、体を動かしてシュートを打つようにしているし、試合の3〜4時間前にはアリーナに到着しているんだ。2人とも熱心に働いていて、完全にゲームに集中している。

私がウォリアーズにいたとき、2018年のNBAファイナルでレブロンと対戦したんだけど、彼は僕らのセットの多くを試合前にコールアウトしていたんだ。彼にそれができるのは、彼が山ほどのフィルムを見ている証拠だし、細かいところまで目が行き届いているのは驚くべきことだよ。

もしチームのベストプレイヤーが誰よりも早くジムに現れて、ノンストップでフィルムを見て、常に期待を超えることをしていれば、他の誰もがそれに追随するようになるだろ? レブロンとADは、勝つために必要なことは何でもやる。その姿勢は間違いなくチームに伝染する

私たちには他にも素晴らしいリーダーがいる。毎回のフィルムセッションでは、私はラジョン・ロンドの隣に座って彼の頭の中を探るようにしているよ。細部にまで目が行き届く彼の姿勢は驚くべきものだ。ジャレッド・ダドリーは優れたチームメイトであり、素晴らしいリーダーであることを十分に評価されていない。ダニー・グリーンはチームの潤滑油となっている偉大な男だ。正直なところ、全員がチームのために犠牲を払っている。チームとしての仲の良さや団結力は、本当にAAUチームのように感じるんだ。とてもユニークなメンバーがそろっているよ。

このチームの特別なところは、優勝の経験が豊富なところだ。優勝を経験したことのある選手は6人(うち3人は複数のリングを持っている)いる。コーチのうち4人は、選手としてもコーチとしてもタイトルを獲得したことがあるんだ。優勝の経験があることは、プレイオフに向けて大きな助けになる。ロスターには多くの優勝経験者がいるから、私たちが優勝するために何が必要なのかを皆が理解できているよ。

今年はそういった血統と、チームのケミストリーの良さが大きな影響力を持っている。このチームには、このリーグで偉大なことを成し遂げた多くの選手がいる。今のレイカーズは、NBAのどのチームにも負けず劣らずの才能を持っていると思うけど、優勝するためには、これからも素晴らしい習慣を続け、小さなことを積み重ねていかなければならないね。

このプレイオフでホームコートのアドバンテージがないのはフラストレーションが溜まるね。レイカー・ネイションは私たちに大きなアドバンテージを与えてくれるから、ステイプルズ・センターでプレイできたらと皆が思っている。でも、今年は特別な年だから、バブルの中での状況を最大限に利用している。レイカー・ネイションは、ホームから全力で応援してくれるとわかっているよ。

私はずっとレイカーズのファンだったから、レイカー・ネーションがどれだけ情熱的に応援してくれているかを知っている。このファンの前でプレイできるなんて、まるで夢のようだよ。ロサンゼルスにはチームの壁画が描かれていて、本当に素晴らしいことだよ。レイカー・ネイションは最高だよ。

ラリー・オブライエントロフィーをレイカー・ネイションのために必ずロサンゼルスに持ち帰るよ。”

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。