レイカーズのルーキー、タレン・ホートン・タッカーのバブルでの成長

米国人選手として史上最年少でNBA優勝を果たしたレイカーズのルーキー、タレン・ホートン・タッカー。ベテランばかりのチームにおいて、ホートン・タッカーは19歳のルーキーであり、今シーズン十分なプレイ時間を得ることはできなかった。しかし、チームにもたらすエネルギーを含め、チャンスが与えられたときにゲームにインパクトをもたらすことをずっと追い求めていた。

引用:「Lakers rookie Talen Horton-Tucker on his bubble experience with LeBron and Anthony Davis」(THE UNDEFEATED)

突然、チャンスは巡ってきた。プレイオフのセカンドラウンド、ヒューストン・ロケッツとのゲーム2でプレイオフデビューを果たしたホートン・タッカーは、ゲーム4でも出場機会を得た。第2ピリオド、まだ競った状況の中でコートに送り出されると、わずか7分間の出場ながら、5点、2リバウンド、2スティールを記録し、起爆剤としての役割を十分に果たし、勝利に貢献した。

引用:「In his playoff debut, Talen Horton-Tucker gave the Lakers a spark」(SBNATION)

ホートン・タッカーは、レギュラーシーズン中にほとんど出番がなかった彼がプレイオフの舞台で活躍できたことに対して、レブロン・ジェームスとチームメイトを称賛した。

レブロンは「常に準備をしておくんだ」と教えてくれた。彼から伝えられた言葉が、自分の原動力となった。私にとってのプレイオフ初戦で、このアドバイスはまさに金言だった。レブロンを含めチームメイトが私に与えてくれたアドバイスは、「準備をして、忍耐をしていたら、必ずその時は来る」ということだった。

気持ちが高まりすぎても、落ち着きすぎていてもいけない。私はただ、自分のベストを尽くしたかった。それは、自分が知っているゲームをプレイして、正しい方法でプレイするということだ。

ータレン・ホートン・タッカー 
引用:「The advice LeBron James gave Talen Horton-Tucker before his playoff debut will warm your heart」(SBNATION)

3年前、ホートン・タッカーは、デリック・ローズも輩出した、シカゴのシメオンキャリア・アカデミー高校でスター選手として活躍していた。ESPNの高校バスケットボールのプレイヤーランキングでは、66位に名を連ねていた。彼は2018年に、シカゴを離れてアイオワ州立大に進むことを選んだ。それがNBAに辿り着くベストな道になると考えたからだ。

 彼がブレイクするきっかけとなったパフォーマンスは、2018年11月20日、ハワイで行われたマウイ・インビテーショナルのイリノイ大戦で26点、14リバウンド、6アシストを記録したときに訪れた。多くのスカウトが当時のデュークのスター選手であるザイオン・ウィリアムソンやRJ・バレットなどに注目していたが、ホートン・タッカーの目を見張るパフォーマンスはすぐにNBAチームの目に留まった。

マウイ・インビテーショナルで、私は乗っていた。自分でもかなりいいプレイができていたと思う。その後から、たくさんのことを耳にするようになって、すべてのことが少しずつ速くなっていったんだ。

引用:「Freshman Talen Horton-Tucker snaps personal slump for No. 20 Iowa St」(Times Republican)

ホートン・タッカーは、アイオワ州立大での1年目のシーズンに平均11.8点、4.9リバウンド、2.3アシスト、1.3スティールを記録。2019年のNBAドラフトに参加することを表明し、ジェームスとアンソニー・デイビスのエージェントも務めるクラッチ・スポーツと契約した。

ESPNのランキングで100人中20位にランクインしていたホートン・タッカーは自分自身の可能性に賭けていた。そのため、NBA入りを目指して1年で大学を離れた。彼の希望は、出場機会を得られるチームに指名されることだった。

しかし、シカゴの自宅で家族や友人とドラフトを見届けていると、暗雲が立ち込めてきた。彼は1巡目で指名されなかったのである。しかし、2巡目46位でオーランド・マジックが彼を指名すると、2020年のドラフト2巡目の指名権と現金を引き換えに、レイカーズにトレードされることとなった。

引用:「Most Interesting Lakers No. 11: Talen Horton-Tucker is a walking, breathing, basketball enigma」(SBNATION)

できるだけポジティブでいようと心掛けた。特にADが来るということもあって(ドラフトの5日前、レイカーズはロンゾ・ボール、ブランドン・イングラム、ジョシュ・ハート、そして3つの1巡目のピックと引き換えにデイビスを獲得していた)、レイカーズだとわかったときは気持ちは前向きだった。レイカーズにはすでにレブロンがいたしね。私にとっては、ベテランのスターたちがいることはプラスだった。私は、レイカーズの一員になれることに満足していたよ。

ータレン・ホートン・タッカー

ホートン・タッカーと同じくシカゴ出身のデイビスは、ドラフト後にレイカーズに加わることが決まったホートン・タッカーにフェイスタイムで祝福を送った。

彼の名前は聞いたことがあったが、彼をしっかり追いかけて注目していたというわけではなかったんだ。でも、彼がクラッチスポーツと契約したことは知っていたし、彼らは『タレンはシカゴ出身でシメオンに行っていた』と教えてくれた。だから、彼にフェイスタイムで連絡してお祝いをしたんだ。彼がここに来たとき、私たちはシカゴのつながりについても話をしたんだけど、それも大きな意味を持っていたよ」。

デイビスは、ホートン・タッカーの見せる姿に感銘を受けており、将来を嘱望される選手だと信じている。

彼は、最初に来たその時から、恐れを知らなかった。ディフェンスをしたい。より多くを学びたい。より良くなりたい。そう思いながら日々プレイしているんだ。彼はいつでもジムにいるハードワーカーでもある。彼は素晴らしいルーキーだよ。このリーグで素晴らしいキャリアを歩んでいくと思うよ」。

彼は、光の中にいたいし、もっと良くなりたいと思っている男だ。ルーキーでは、特にリーグで名前が知られているほうではないかもしれない。ジャ・モラントやザイオン・ウィリアムソンのようなルーキーは誰からも期待が大きい。でも、彼にとっても私たちにとっても、ドラフトの指名権がそこまで高くない男がゲームに与えるインパクトは、本当に絶大なんだ」。

引用:「Talen Horton-Tucker hits WNBA playoff game with LeBron, Anthony Davis」(The Rookie Wire)

ホートン・タッカーは、バブルでの生活を満喫していた。彼は、デイビスやジェームス、そして他のベテランのチームメイトからできるだけ多くのバスケットボールに関する学びを得ようとした。彼はまた、チームメイトとの絆の深め方についても、バブルで学ぶことができた。

彼らはワインをたくさん飲むんだ。私はワインは飲まないが、彼らと一緒に時間を過ごすことができた。彼らはワインを飲みながら、私にはオレンジジュースをくれるんだ(笑)。 私はただ座って話を聞いて、何でも吸収していくのが好きなんだ。バスケットボールからビデオゲームまで、私は誰とでもスポンジのように接することができるよ。 今まで誰もこんなことを経験したことがない。こんなことは二度と起こらないだろう。それをレブロンやADと一緒にやってのけた、胸を張ってそう言えるよ。

ータレン・ホートン・タッカー
引用:「THE L.A LAKERS WIN THE 2020 NBA CHAMPIONSHIP」(Link Up TV)
JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。