マンスリーアーカイブ November, 2020

ケビン・デュラント「マイケル・ジョーダンは神のレベルのスコアラー」

スコアリングにおいて天賦の才を持ち、現在のリーグで支配的な選手の一人であるケビン・デュラントは、史上最高の選手やスコアラーの議論で、NBAのアイコンであるマイケル・ジョーダンと自分自身を比較しないでほしいと考えている。

ディフェンスに違いをもたらし、兄とは違う自分の道を切り開くことを望むマーク・ガソル

マーク・ガソルは、兄であるパウ・ガソルの足跡を辿ることを求めているわけではない。マークは、パウがしたのと同じ成功、つまり優勝をレイカーズで楽しむことができるだろうと期待している。

NBAインサイダー、シャムズ・チャラニアの日常と成功の秘訣

もし、あなたがバスケットボール好きであれば、「シャムズ・チャラニア」という名前を聞いたことがあるだろう。シャムズ自身は選手ではないが、誰もが彼を「シャムズ」として知っている。彼は今、NBAメディアのスーパースターとなっている。

アイザイア・トーマスの抱く確信。「NBAで再び輝きを取り戻す準備はできている」

先月末、元セルティックスのポイントガード、アイザイア・トーマスは、元ウィザーズのチームメイト、ジョン・ウォールと一緒にトレーニングを行うため、ロサンゼルスに向かった。

ステフィン・カリーがクレイ・トンプソンのアキレス腱断裂について重い口を開く。「涙が止まらなかった」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのガード、ステフィン・カリーは先週、盟友であるクレイ・トンプソンがシーズン全休となるアキレス腱断裂となったニュースを受け、涙を流したという。

【NBA 20-21シーズン開幕前 トレード・FA 動向まとめ】

NBA20-21シーズン開幕前のトレード市場・FA市場の動向のまとめ。※更新は半日に1回程度を予定

違う選択、違う結果、同じ舞台。ケニオン・マーティンJr.の決断と父からの手紙

ケニオン・マーティンは、シンシナティ大学で4年間を過ごした後、2000年のNBAドラフト1位で指名された。それから約20年後の2019年の夏、彼の息子は父親の足跡を辿ってNBAに入ることを希望していた。しかし、“K.J.”ことケニオン・マーティンJr.は、型破りなルートを辿ることを選んだ。彼は大学には進学せず、直接プロの道に進みたいと望んだのだ。

「61位指名」とも呼ばれるドラフト外選手の隆盛と選手育成の今

もしドラフトの夜に名前を呼ばれなかったとしても、もはやそれは「死の鐘」ではない。アレックス・カルーソとダンカン・ロビンソンがファイナルで見せたように、NBAチームは以前にも増してドラフトの後にこそ、人材発掘にこれまで以上に価値を見いだしている。

「競争者」「チームメイト」「家族人」。デニス・シュルーダーの素顔

トレード市場の正式解禁を前に、ダニー・グリーンおよびドラフト1巡目指名権(28位)との交換でロサンゼルス・レイカーズへの移籍が決まったオクラホマシティ・サンダーのデニス・シュルーダー。昨季王者が「いの一番」で獲得したデニス・シュルーダーとはどんな人物なのか。彼の素顔に迫りたい。

凍結療法――レブロン・ジェームスも愛好する魔法の治療法

自身の体を維持するために、年間約1.5億円を費やしていると言われるレブロン・ジェームス。彼には、厳格に従うルーティンがあり、彼の家にも治療のための多くの機器があるという。それらにより、ジェームスの体は大きな故障がなく健康に保たれ、シーズンの82試合(昨季は71試合、今季は72試合)およびポストシーズンを戦い抜く強靭な体がもたらされている。

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった引退選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。前回は、守備の名手である彼が「守れなかった」と感じる選手を、現役選手の中からピックアップして取り上げたが、今回は「引退選手編」として、引退したレジェンドの中からピックアップしたい。

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。

バブルに関する驚きの事実:「バブルでケガはかなり抑えられていた」

NBAがオーランドで外界から隔離された「バブル」という特殊な環境を作り出し、2019-2020シーズンを再開すると発表した際、多くの選手やコーチ、トレーナーからは「いつも以上にケガが増えるのではないか?」という懸念の声が上がっていた。コロナ禍の状況下で、選手たちは約4カ月間、自宅でトレーニングを自力で行っていたため、多くの選手がシーズン中断中に実践的な練習ができなかった。

クリス・ポールのレイカーズへの移籍は実現し得るのか?

解説者として活躍するケンドリック・パーキンスからトンデモ発言が飛び出た。「85%の確率でクリス・ポールはレイカーズに移籍する」。トレード市場が解禁される具体的な日程が定かではない今、巷ではレイカーズに関するさまざまな憶測が飛んでいるのは事実だが、パーキンスのこの予測はかなり大胆である印象だ。

「憧れはカーメロ・アンソニー」。ロングインタビューから探る八村塁の心の中

「八村塁選手 Twitterライブインタビュー presented...

レブロン・ジェームスが足を踏み入れるかもしれないロードマネジメントという聖域

12月22日の開幕がほぼ確定したNBAの2020-2021シーズン。ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームスは18年目のシーズンを迎えることになるが、これまで避け続けてきた「ロードマネジメント」という聖域に足を踏み入れることになるかもしれない。
Advertisment

Most Popular

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

競争者として、少女の父親として。コービーと絆を結んでいたザック・ランドルフ

コービー・ブライアントが逝去したあの悲劇的な事故から1年。元NBAオールスターのザック・ランドルフと、ブライアントの女子バスケットボールチームでプレイしていたランドルフの娘であるマッケンリーは、いまだにブライアント父娘の弔いを続けている。 ザック・ランドルフとコービー・ブライアントは、10年以上にわたってNBAのウエスタン・カンファレンスで同じ時代に戦った同士だ。2人は、オールスターゲームで2度チームメイトだった。彼らは、ブライアントがレイカーズの一員として、そしてランドルフがロサンゼルス・クリッパーズの一員としてプレイしていた短い期間(2008-09シーズンの1シーズンのみ)、ステイプルズ・センターという同じ職場を共有していた。