NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった引退選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。前回は、守備の名手である彼が「守れなかった」と感じる選手を、現役選手の中からピックアップして取り上げたが、今回は「引退選手編」として、引退したレジェンドの中からピックアップしたい。

今回ピックアップする選手は、コービー・ブライアント、ダーク・ノビツキー、ドウェイン・ウェイドの3人。彼らに共通するのは、現在のNBAの基礎を築き、新たなトレンドの先駆けとなったを偉大な存在であること。稀代のスコアラーたちの戦い方の特徴、ブリュワーがそんな彼らを止めるべく取り組んでいた守り方を見ていく時に、NBAの新たな楽しみ方を知ることができるような思いがある。今回の記事でもぜひ、ファンという外の立場からではなかなか感じ取りづらいNBAの中のリアルを、少しでも感じていただけたらと思う。

引用:「Philadelphia 76ers: Breaking down Corey Brewer’s role」(FANSIDED)

“俺は自分のディフェンスに誇りを持っている。相手チームで一番のスコアラーを守ることをいつも楽しんでいる。いつも心待ちにしているんだ。そういった任務を任される時、楽しい夜になることを知っている。

NBA選手としての13年間の中で、俺は多くのオールスターや将来の殿堂入り選手を守ってきた。私が話をしているのは、ベスト・オブ・ザ・ベストのことだ。私は彼らを封じ込み、彼らをイライラさせようと挑んできた。私はディフェンスで常に手を上げ、少なくともリズムを奪うために力を尽くしてきた。俺がつくスコアラーが俺の手を嫌がってくれたら、それは俺の勝利だった。しかし、彼らを止めることは基本的に不可能だった。彼らは常に乗りに乗っているからだ。

そんなスーパースターたちを守るとは、一体どういうことなのか? 前回は、現在のエリートスコアラーを守ってきた経験について話したが、今回は、私が対戦してきた引退したレジェンドたちにを紹介していこう。

■コービー・ブライアント

引用:「Guarding Legends: Corey Brewer on defending Kobe, D-Wade, Dirk, more」(Basketball News)

コービー・ブライアントと初めて対戦した時のことは、決して忘れられない。私にとって、ミネソタでのルーキーイヤーだった。俺たちを相手に、コービーは30点を奪ってみせた。彼がコートに足を踏み入れた時、彼の威厳と尊厳を見ただけで「こ、これがコービー・ブライアントか…!」と尻込みしたよ

コービーをガードするのは、まさに悪夢そのものだった彼は自分が何をしたいのかがはっきりとわかっていて、俺はその彼がしたいことと違うことを彼にさせようとしてきたが、それはできなかった彼にとってゲームは「台本」のようなもの。本当にハリウッドの台本のようなもので、俺を自分の映画の中に入れようとしていたんだ。コービーの映画の中に入れられたという以外、他にふさわしい表現が見当たらないよ。彼のポストアップを守っているとき、彼は自分が何をしようとしているのか知っていた。それはこうだ。「左にフェイクして、右肩越しにフェイダウェイをする」。もしくは、「ポンプフェイクをして、ファウルをさせてアンドワンを奪う」。 それから、「ポンプフェイクをして、頭越しにダンクを見舞いにいく」とかね。彼は、自分の計画を忠実に実行する。彼はとにかくアメイジングだった。信じられない男だよ。コービーは何度も難しいショットを沈め、俺はその度に驚かされたよ。

彼は決して揺らぐことのない男だった。だからこそ、プレイオフで何度か対戦できたことを嬉しく思っている。彼がNBAで、あの高いレベルで、コート上で彼らしくプレイしているのを見て、誰もが彼をとても尊敬していた。彼はとても優秀で、ゲームの熱心な研究家だった。だから彼は、20年もの間、第一線でプレイしたんだ。彼は、ゲームのすべてのニュアンスや技術的な面で努力していたからこそ、あれだけ長きにわたってプレイし続けられたんだ。彼がすべてだった。フットワークからバンクショット、ファウルの取り方に至るまで、彼は自分自身が持つ計画に対して、不動の姿勢を貫いていた彼はゲームを愛していた。だからコービー・ブライアントはコービー・ブライアントだったんだ。コービーよ、安らかに眠ってくれ。

■ダーク・ノビツキー

引用:「Guarding Legends: Corey Brewer on defending Kobe, D-Wade, Dirk, more」(Basketball News)

思い返せば、ダークをよくガードしたな。ダークはタフだ。あの一本足男! 彼は「フッター」、つまり身長が7フィート以上あるから、俺は彼のショットをブロックするつもりなんてないし、どんなことがあっても彼をスピードアップさせるつもりもない。コービーのように、彼にもプランがあって、彼のリズムを崩すようなことができればいいなと思いながらいつも守っていたダークをガードする時は、彼の好みのスポットやポストの前で彼をディナイしようとしただけだ。ちょっとしたお邪魔虫になろうとしたんだ。ダークをガードする時、まず彼がボールを持ったらそれで終わりだから、俺が唯一できたことと言えば邪魔することだけだった。彼は確かにミスをするかもしれないが、ほとんどは、彼が望むようなシュートを打っていたと思う。彼が一番行きたいと思うスポットから少しでもずらした場所でシュートを打たせることができれば、私は自分の仕事をしたことになるんだ

ダークはNBAで見た中で史上最高のスコアラーの一人だ。俺は2011年に彼と一緒にプレイしたことがある。彼は信じられないようなポストシーズンを過ごし、NBAファイナルでマイアミ・ヒートを破り、チャンピオンリングを手に入れた。彼に誰が何をしようと、優勝に向けたランの中で彼を止めることはできなかった。

ダークという存在がいるからこそ、現代の「ストレッチ4」があるんだ。トレイル・スリーは彼の得意技だったんだ! 当時、ビッグマンはペイントに入って戦うのが一般的だったが、ダーク・ノビツキーは3点ラインで止まり、スリーポイントを打った。ダークは悪いやつだったよ。

人々は、彼がボールをどう打ったかで喜んでいたが、彼が自分の技術のために注ぎ込んだ血のにじむような努力こそが彼をそのようなシューターにしたんだ。一本足シュートにも熱心に取り組んでいた。それは彼が時々やるというようなランダムな動きではなく、彼はその技に多くの努力を費やしていた。彼はゲームを変え、ビッグマンのポジションを人々が今見ている姿に進化させた

■ドウェイン・ウェイド

引用:「Guarding Legends: Corey Brewer on defending Kobe, D-Wade, Dirk, more」(Basketball News)

俺はウェイドのガードが大嫌いだった彼のポンプフェイクはただただ信じられなかった。彼はとてもアスレチックだった。リングにひたすら向かって、ダンクをかましてきて。そして、急に止まってはポンプフェイクをし、ファウルを引き出すんだ。俺はその彼のプランを知っていたから、決してファウルはしないようにしていたんだが、いざその時になると、彼の思うように俺のほうが動いてしまうんだ。彼はゲームへのアプローチの仕方、ゲームのプレイの仕方に優れ、そしてバスケットのフィニッシュが非常に得意なタフな選手だったんだ。

かなり本気で、ウェイドのポンプフェイクは史上最高の技の一つに数えられると思っている。あのポンプフェイクは嫌いだったね。俺の目標は、ただ努めて動かず、ジャンプシュートを打たせることだったそれができれば、自分の仕事をしていたと感じる。実際は何度も引っ掛かったけどね。しかし、俺は自分の仕事をしていた。彼がフェイクをしてファウルをもらったり、俺やチームメイトの上からダンクをしたりするよりも、彼にフェイクからジャンプシュートを打たせたほうがいい。俺の仕事は、彼のような得点者を「止める」ことではなく、俺が自分の仕事をしなければ入ってしまうシュートを少しでも入らないようにすることだった。ファウルをしてしまうのは最悪なことだ。優秀なスコアラーのほとんどはフリースローをよく打つからね。”

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。