「競争者」「チームメイト」「家族人」。デニス・シュルーダーの素顔

トレード市場の正式解禁を前に、ダニー・グリーンおよびドラフト1巡目指名権(28位)との交換でロサンゼルス・レイカーズへの移籍が決まったオクラホマシティ・サンダーのデニス・シュルーダー。昨季王者が「いの一番」で獲得したデニス・シュルーダーとはどんな人物なのか。彼の素顔に迫りたい。

「Dennis Schröder: Competitor, Teammate, Family Man」(NBA.com)

2年前、デニス・シュレーダーがオクラホマシティーに来たばかりの頃、彼はベンチの役割にすぐに適応し始めていた。アトランタ・ホークスでの直近2年間、彼は1試合を除いて全ての試合に先発出場し、1試合あたりの平均得点はそれぞれ17.9点、19.4点と大事な得点源だった。

サンダーにトレードされたシュルーダーに、ヘッドコーチ(当時)のビリー・ドノバンはスーパーサブとしての役割を彼に与えた。平均29.3分プレイした2018-19シーズン、シュレーダーは79試合中わずか14試合の先発出場ながら、平均15.5得点、4.1アシストを記録。2019-20シーズンには、63試合の出場でキャリアハイとなる19.0得点、FG成功率はキャリアハイの46.8%、スリーポイント成功率はほぼキャリアハイの38.1%という数字を叩き出した。これらは先発級の数字だが、シュレーダーは1試合しか先発出場しなかった。

誰もが、彼がこのリーグのどのチームでもスターティング ガードになれる器だということを知っている」とドノバンはシュルーダーを絶賛する。「私がデニスについて常日頃から尊敬していることの一つは、彼がいつもチームの『競争心』を高めてくれること。(シーズン中断が明けた)8月から実戦に復帰すれば、彼がまたチームに競争心をもたらしてくれることは疑いようのない事実だ」。

「Thunder’s Dennis Schroder, Billy Donovan announced as awards finalists」(Thunder Wire)

試合に出ていない時も、シュレッダーがベンチに座っているということはほとんどない。いつも立ち上がっていて、ビリー・ドノバンの数歩後ろで歩きっぱなしだ。コート上にいなくても、彼の存在はそこに感じられる。チームメイトに話しかけたり、相手のプレイコールを妨害するように叫んだり、チームメイトに励ましの言葉を送ったり、チェサピーク・エナジー・アリーナの観客に声をかけたりしている。

シュルーダーのチームメイトによると、彼は今シーズン、リーグの誰よりもそのシックスマン賞に値する役割を果たしていたという。

「私はデニスについて、良いことばかりが書かれた長いリストを持っているよ」と語るのは、NBAでも多くのガードとプレイしてきたベテランフォワードのダニーロ・ガリナリ。「まず第一に、彼は自然を超越する男だ身体的に、コートでもウエイトルームでも、多くの人ができないことができる。コート上では、彼はとても無欲な男で、間違いなくシックス・オブ・ザ・イヤーに値する」。

自分のことをあまり話したくないんだ」と、シックスマン賞について尋ねられたシュレーダーは謙遜する。「私はコートに出ていって、チームの勝利のためにを全力を尽くすんだ。われわれは、皆が犠牲を払い、チームメイトのためにプレイするんだ」。

シュレッダーの芸術的なオフェンスは、スリーポイントの成長に加え、ミドルレンジでのドリブルからのプルアップジャンパーの向上と、バスケットへの高いフィニッシュ力に由来している。彼は、コーナースリー(左コーナーから52.0%、右コーナーから50%)においてリーグの平均以上のシュートを放っており、右ウイングにおいても40.2%とリーグ平均を5ポイントも上回っている。チームがスリーが入らない時には、シュレーダーはミドルレンジでのプルアップジャンパーと、リングへのアタックでディフェンスを切り裂いた。

ドイツ出身のスピードスターは、キャリアでも最高と呼べるようなシーズンを過ごしたが、特筆すべきなのは、オフェンス面だけでなくディフェンス面にもある。彼はフルコートでディフェンスができ、185cmとNBAでは小柄ながら相手チームのスコアラーを封じ込める能力がある。自分より大きい相手でも難なくつくことができ、実に効果的な守備を見せるのである。

彼は今のリーグで最高の2ウェイプレイヤーの一人だ彼はフルコートでプレスをかけられる唯一の選手だ。そんなことをしている選手は他に見たことがない」とガリナリは説明する。

「What are the Futures of Danilo Gallinari, Nerlens Noel and Dennis Schroder」(Sports Illustrated)

彼はゲーム全体のために集中している」と語るのは、2013年のホークスでのルーキーシーズン以来の友人であり、チームメイトでもあったマイク・マスカラ。「彼は1つのポゼッションで多くのことを成し遂げる。ゲーム全体の流れを見てみると、彼はすべてのプレイで全力を注いでいることがわかる1試合を通して高いレベルが続けば、1シーズンを通して大きな違いをもたらすんだ」。

サンダーファンが知っているように、シュレーダーはバスケットボール選手としてと同様に、夫として、また父親としての役割を忠実に果たす男だ。まだ小さい息子のデニス・ジュニアと妻のエレンは、ティップオフ前のコートサイドや、チェサピーク・エナジー・アリーナのトンネルでハーフタイムにキスをする姿がよく見られた。

シュルーダー家は8月上旬に2人目の子どもを出産。シュルーダーはバブルへの合流を遅らせた。「デニス・ジュニアはまだ1歳半だから、必ず彼女の側でサポートをし、家族のためにできる限りのことをするつもりだ。私はチームメイトを愛している。バスケットボールも愛している。しかし、どんな時でも家族が第一だ。とてもタフな決断だったが、私は妻を一人にさせたりはしない」。

「OKC Thunder: Dennis Schröder plans to leave bubble for birth of child」(THE OKLAHOMAN)
JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。