ステフィン・カリーがクレイ・トンプソンのアキレス腱断裂について重い口を開く。「涙が止まらなかった」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのガード、ステフィン・カリーは先週、盟友であるクレイ・トンプソンがシーズン全休となるアキレス腱断裂となったニュースを受け、涙を流したという。

“Stephen Curry upon hearing about Klay Thompson’s Achilles injury: ‘A lot of tears’”(The Undefeated)

2、3週間のトレーニングキャンプを経てコートに戻るべく、力の限り努力を続けてきた男のことを思うと、不憫でならない。彼のような男に限って、こういったことが起こってしまう」とカリーは肩を落とした。「こういったことが起こった時には、長期的な目で物事を考えていく必要がある。長いリハビリを乗り越えるということは、まさに『言うは易し、行うは難し』なんだ。それでも、彼のキャリアにはまだ多く時間が残されている。私たちはそれにずっと伴走するつもりだ」。

30歳を迎えたトンプソンは、11月18日にロサンゼルスで行われたバスケットボールのワークアウト中にアキレス腱を負傷した。ESPNのWoj氏が報じたところによると、5回のオールスター経験を持つトンプソンは、2021-2022シーズンに向けては完治し準備が整う見込みだという。

カリーは、ウォリアーズのゼネラルマネージャーであるボブ・マイヤーズと、スティーブ・カーHCとの電話会議でトンプソンの負傷のことを知った。

彼はリーグ最高のシューティングガードの一人だ」とカリーは力強く語る。「あの電話を受けた時、まさに『ガットパンチ』(お腹にパンチを食らうこと)のようだった。涙が止まらなかった。彼のような男は今、2回目のかなり深刻なリハビリを受けなければならない。何て言葉にすればいいか、わからないよ。でも、最終的には彼には戻ってきてもらわなければ困るんだ。彼がリハビリに懸命に取り組み、私たちと共にいて、私たちとつながり続けることを願うよ」。

彼は必ず強くなって戻ってくる。彼はゲームを心から愛している男だ。再びコートに復帰し、彼が彼らしくプレイするために、彼ならどんなことでも行うだろう。それが私たちの願いであり、私たちが抱いている自信でもある。2年半にも及ぶリハビリは、誰にとっても厳しいもの。彼にとってのベストを願うばかりだ」。

カリーとトンプソンは2011年からのチームメイトで、「スプラッシュ・ブラザーズ」というニックネームで一世を風靡し、共に3度のNBA優勝を果たしている。カリーは、2019年NBAファイナルのトロント・ラプターズ戦の第6戦で左膝のACLを断裂し、昨季の全試合を欠場したトンプソンと再びチームを組むことを楽しみにしていた。

ウォリアーズは、昨季フェニックス・サンズで平均18.7得点を記録したベテランスウィングマンのケリー・ウーブレJr.を獲得したことで、トンプソン離脱の穴を埋めたいと考えている。さらに、FAのガード、ブラッド・ワナメイカーやケント・ベイズモアとの契約にも合意した。

ゴールデンステイトは先週のNBAドラフトでも新たな才能をチームに加えた。元メンフィス大学のセンター、ジェームス・ワイズマンを2位指名し、アリゾナ大学のポイントガード、ニコ・マニオンも2巡目指名で獲得した。

3度のオールスターを誇るドレイモンド・グリーン、2020年のオールNBAルーキーチームに選出されたエリック・パスカル、ベテランフォワードのアンドリュー・ウィギンスに加えて、新たなチームメイトを迎えたカリーは、トンプソン不在でもウォリアーズがリーグで手強い存在になれることを確信している。

確かに、シーズン序盤は難しい部分もあると思う。7カ月もの間、実践から遠ざかっていたわけだけだからね」とカリーは話す。「しかし、私たちはオフシーズンにジェームス(・ワイズマン)を含めたドラフト指名、FAで優秀な選手を獲得でき、ロスターをまとめるために本当に良い仕事ができていると感じている。私たちがリーグで勝ち抜くためには、できる限り早く多くのことを学んでいかなければならないが、皆、それを乗り越えるだけの覚悟ができているよ」。

私たちは、リーグの誰とでも競い合えると知っている。クレイジーな話だよ。私たちはクレイがどれだけ素晴らしい選手か、十分すぎるくらい知っている。でも、誤解しないでほしい。『クレイが抜けたウォリアーズは終わった』『ウォリアーズは今年は終わりだ』『ウォリアーズは未来に向かって何ができるんだ?』という声を多く耳にするが、私たちは今を大切に過ごしている。追う立場にいるのは、なんだか新鮮だよ。ロサンゼルス・レイカーズがディフェンディング・チャンピオンであることは知っている。私たちは彼らを倒すことができたんだ。またそれができるよう、もう準備はできている」。■

“Steve Nash says Steph Curry is the greatest shooter in NBA history”(NBC Sports)

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。