NBAプレイヤーのトレード要求の方法

ジェームス・ハーデンのようなフランチャイズプレイヤーであれ、ロールプレイヤーであれ、マービン・バグリーの父のような親であれ、トレード要求は起こり得る。トレードを要求する理由は、プレイングタイムが十分でないこと、契約交渉を巡る経営陣への不満、チームの方向性など実にさまざまだ。

Source: “How NBA players ask for trades: ‘It does get vicious. It’s a divorce’”(HoopsHype)

選手の思いが、ひとたび「チームを出たい」という沸点にまで達すると、その選手と、彼のエージェント・チームの経営陣・オーナーの間における緊張は、対面でのミーティングでも電話でも、指数関数的に一気に上昇する。

時折、選手はチームに対して容赦ないレベルにまで至ることがある。そうなるともう最悪だ」と、あるキャリアの長いエージェントは語った。「それはまるで離婚のようだハイレベルな選手を扱っている場合に起こってしまうと、それは決して楽しい状況ではない。感情的になっているときなんかは特にね。選手はいろいろな方法で悪質になる。そういったときに私がいつも取り組もうとしていたことは、それがまったく機能しないということをチームに示すように仕向け、選手の気性を無理矢理にでも変えさせることだった」。

かつて選手からのトレードを要求に対処した経験のあるもう3人のエージェントと2人のチームの幹部が、どのようにしてトレードが要求されるのかについてや、なぜ時々それがメディアに漏れてくるのか、そしてその余波について語った。

“How NBA players ask for trades: ‘It does get vicious. It’s a divorce’”(HoopsHype)

一般的に、選手のトレード要求は、エージェントがGMに電話越しに話すか、あるいは直接対面で話すかというところから始まる

私は正直かつ率直に対応する」と別のエージェントは話す。「それが私の対処法だ。クライアントがトレードされることを望んでいる場合、私はうやむやにせず、それについて正直かつ率直にチームに伝える私たちが求めていることがはっきりと伝わるようにする。そして、たくさんのシナリオの中で、私たちはチームと共に、チームにとっても納得できる落としどころを探すようにしている」。

トレード要求の協議が進展しない場合は、通常、プレイヤー自身が実際に話し合いに入るか、またはオーナーとの話し合いの場が求められる

選手のレベルにもよるが、私は、選手に直接オーナーのところに行き、トレードを要求させてきた」と、数名のオールスターを代表するエージェントは語る。「オーナーたちは、エージェントがでたらめを言っているかもしれないと思うことが多いので、プレイヤーに自らGMやオーナーにトレード要求をさせると、彼らはその話が本当なんだと理解する」。

選手が経営陣やオーナーとの話し合いに参加する際、その選手はエージェントに、そのエージェントがトレードに対する一貫したスタンスを取れるよう、裏でしっかりと正しい情報を与えておく。

選手たちも自分の役割を果たさなければならないので、私は常にプレイヤーを巻き込んだ」と、あるキャリアの長いエージェントは話す。「お互いの役割を果たさなければならない。選手がコーチングスタッフやフロントオフィスと行うコミュニケーションは、どのように行われているか。コミュニケーションを取っているなら、彼らはどのようなコミュニケーションを取ってくるのか。それらについて、エージェントが裏で手を引いていると思われないよう、エージェントの私に密に連絡させるようにしている」。

“How NBA players ask for trades: ‘It does get vicious. It’s a divorce’”(HoopsHype)

選手が経営陣に対して反応しなかったり関与しようとしなかったりすると、チームは選手が何を考えているのか、何が問題なのかがわからず、その状況は解決できるものなのかと考えざるを得なくなる。「チームがあたふたし始め、天秤が不安のほうに傾いたら、それは選手がチームを手のひらに乗せているということ」とそのエージェントは語る。

トレードが要求された後、主導権は通常、チームの側にある。もし、選手が契約の最終年にある場合、優位性は選手の側に働くチームが短期的なプレイオフレンタルのためにアセットを手放す気がない限り、ほとんどのチームは、再契約できるという確証のない選手を獲得するためにアセットを手放すことはない

次のステップは、殿堂入り選手のトレード要求を経験したことのある幹部によると、双方の利益のために、選手がトレードを要求したことを隠しておくことだ。

エージェントは、最初からメディアに伝えてしまうことを望んでいない。なぜなら、選手がトレードされることを望んでいるという情報が世に出てしまうと、チームは弱い立場で交渉をしなければならなくなり、それだけでチームは動揺してしまうからだ」と、その幹部は語る。

しかし、チームと移籍先候補のチームとの間で話し合いが進むにつれ、エージェントや経営陣のどちらかが情報を選択的にリークするというケースもある

チームの反応によるが、もしトレードの内容がエージェントが望むものではない場合、彼らはメディアのところに行き、それを世に出してしまう」と、別の幹部は言う。「多くの場合、チームがエージェントと良好な関係を持っている場合、チームはエージェントにこのように言うことができる。『いくつかのことを試してみたい。選手が行きたいチームや選手が求めているもののリストを私たちに渡してほしい。そうすれば、私たちは一緒に望むものを手に入れられるよう、アプローチを始められる』。しかし時々、エージェントはせっかちで、情報をリークしてしまいたくなってしまう」。

一部のエージェントは、幹部の役割を自分の手に委ね、クライアントのために市場がどのようなものであるかを評価する。エージェントは、クライアントのためにプレイングタイムを確保できる可能性のあるチームを評価し、将来の契約交渉のためにキャップスペースの数字を計算する。

チームが、選手がトレードされたくないと思うチームへと選手をトレードしてしまうかもしれないというリスクは常にある」と、キャリアの長いエージェントは語る。「選手がトレードされたくないチームへのトレードはブロックしておく。そうしておけば、リスクを小さくできる」。

また、エージェントが一線を越え、チームが最善だと感じているトレードをブロックしようとした場合は、選手にその悪影響が及ぶ可能性がある

チームが選手をトレードするつもりがない場合は、選手がチームを出たがっていることがメディアに伝わったとしても、チームは選手に出ていってほしくないことに変わりはないので、そのときには注意が必要だ」と、あるエージェントは話す。「ファンは選手に敵対心を抱く。選手がチームにいたくないということをファンが知ると、そこには負のエネルギーが生まれてしまう」。

また、トレードを要求した元1巡目指名選手を代表していた別のエージェントによると、GMは選手を動かしたくなかったため、トレードを要求した罰として、その選手をGリーグに送ったこともあったという。

また、チームの幹部は、裏で取引を妨害しようとするエージェントの試みに対抗するために、あるいはトレード交渉で他の潜在的な交渉相手を見つけるために、メディアにリークすることもあるだろう

エージェントがそれをすると、チームは選手の価値を押し上げ、入札戦争を作り出すために、他のチームが他の交渉材料を追加したと話すことによって、彼らが望む契約を取得するべく、メディアを利用し始めるのだ

“How NBA players ask for trades: ‘It does get vicious. It’s a divorce’”(HoopsHype)

その一例が、カーメロ・アンソニーがトレードを要求し、ニューヨーク・ニックスへの移籍を希望していることを明らかにした一件だ。デンバー・ナゲッツは幸い、ニックスとブルックリン・ネッツの間に入札合戦を巻き起こすことができた。オファーが進むにつれ、メディアへのリークも進み、ベストオファーを積み上げていった。最終的には、ニューヨーク側がトレードの駒としてティモフェイ・モズコフを追加してトレードを押し切った。

すべての取引が、メディアを介して情報をリークすることによって促進されているわけではもちろんない。エージェントと幹部が双方の利益のため、また公正な取引を得るために、団結して一緒に働いた好例もある。

ドラフト指名権を得ることで、双方にとって機能するWin-Winの結果を得ようとアプローチしていく」と、数名のオールスターを代表するエージェントは話す。「多くの場合、チームは彼らが望むものを教えてくれるだろうし、チームは選手をトレードすることになる。彼らは2つの2巡目指名権や1巡目後半の指名権を望んだ場合、選手はチームを出ることになるだろう」。

関係者全員がWin-Winと考えたシナリオの一つが、ポール・ジョージがオクラホマシティー・サンダーからロサンゼルス・クリッパーズに送られたトレードだった。カリフォルニア出身のジョージは、故郷に戻ってくることができた。サンダーは、カワイ・レナードがジョージと一緒にプレイしたいと思っているという貴重な情報を利用して、複数の将来の1巡目指名権、シャイ・ギルシャス・アレキサンダーなどを獲得した。クリッパーズがジョージを獲得できなかった場合、レナードはレイカーズとの契約を強く検討していた。

しかし、通常、すべての関係者が取引を完了させるために一致しているというわけでもない。あるエージェントは、自身の抱えるスター選手がトレードされることになり、3つのチームがトレードでその選手を争った時の一件を思い出した。そのうちの1つのチームが選手を獲得できなかった時、そのGMは他のチームへのトレードを止めてくれると信じていたエージェントに対して、あからさまに毒づいたという

ある幹部がこう言ったのを覚えている。『このクソ野郎め。お前、俺を騙しやがったな。必ず復讐してやるからな」と、そのエージェントは話す。「それには本当に驚いた。私はただただ聞いた。彼は私を罵倒し続けた。彼は罵倒するのを終えると電話を切った。その後、私は彼に電話を返さなかった。すると1週間後ぐらいに電話がかかってきて、その時の反応について謝罪されたよ」。

幹部とエージェントの関係で緊迫した状況が続くと、その後のFA交渉やビジネスに影響を及ぼすものもある。一方で、「離婚」の同意、トレードの要求は友好的に対応されるものもあり、その場合は双方が恨みを抱くことはない。■

How NBA players ask for trades: ‘It does get vicious. It’s a divorce’
JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。