「ウィザーズは私に嘘をついていた」。崩れ落ちたジョン・ウォールとウィザーズの信頼関係

ジョン・ウォールがトレードを要求したと報じられた後、ワシントン・ウィザーズのGMであるトミー・シェパードは「ジョンと私、ジョンとウィザーズの間には何の問題もない」と公に語っていたが、果たしてこれは真実なのだろうか?

Source: “John Wall: Wizards lied to me about trade rumors”(NBC Sports)

ワシントン・ウィザーズの一員としての最終日、トレードを要求したかどうかについてウォールに尋ねた時、彼はノーコメントだった。ラッセル・ウエストブルックとの交換でヒューストン・ロケッツにトレードされて以来(報道によると、トレード交渉の発端は彼がトレードを要求したことだと伝えられている)、ウォールは今、真実を打ち明けるようになった。

NBC Sports Washingtonによると、ウォールの説明は以下の通り。

“最も重要なこととして言えるのは、私が最初からずっと熱望していたのは、真実を伝えられるということだった。それが最も重要なことだったのに、真実を伝えられなかったために、私は何が起こっているのかを理解するのが極めて難しくなった。これはビジネスであり、物事が進み、人々が動き、そしてトレードに至るということは理解できる。ただ、私がトレードの噂を聞いた時、私は電話をかけ、噂は本当か本当ではないのか、また噂について心配する必要がないのかについて尋ねた。後日、私に伝えられたのは『噂は本当ではない。心配する必要はない』ということだった。しかし、実際には真実だったんだ。”

“前もって伝えてほしかったし、真実について触れるのを避ける必要なんてなかった。私のモチベーションはそこにあった。ウィザーズは『ウォールはもう終わった』と考えていたんだ。基本的に、私はそう感じている。『私はまだ終わってなんかいない』。今がそう彼らにそれを示すチャンスだ。”

“向こう側の人々(ウィザーズの人々)を見ている限り、彼らの多くは、私が今の私のように元に戻れるとは思っていなかっただろう。そして、おそらくいくらかの人々は、私がトレードされることについて、何も口を挟むことをしなかったんだろう。”

Credit: Getty Images/Patrick Smith

最後のコメントはおそらく、ブラッドリー・ビールについて言及しているものだと推測される。ビールとウォールの間には本物の絆があったが、彼らには違いもあった。

The Athleticのデイビッド・オルドリッジはこう分析する。


ビールはウォールがケガの前の状態に戻るのをこれ以上待ちたかったのだろうか?

ウォールがリハビリに熱心に取り組んでいるとビールは信じていたのだろうか?

過去2年間、ウォールがいない中で進化を遂げたビールが、ウォール自身も公言しているように、これまで通りのコンビ間の力関係ではプレイできなくなるであろうことは避けられなかったであろう状況で、ビールが再びサポート役、つまりキャッチ・アンド・シュートの役割に戻ることを望んでいただろうか?

答えは、ノーだ。”

ウィザーズは、ウィザーズへの忠誠心を証明しているビールを軸として、彼が全盛期にあるうちに勝利することを託されている。ウォールは、直近2シーズンをプレイしていなかった。彼がスーパーマックス契約を結んでいたために、彼のサラリーはキャップスペースの大部分を占めていた。また、彼はもう30歳を過ぎている。ウォールに対してどんなトレーニング計画を立てようとも、彼がウィザーズにとって大きな障害となっていたと考えても不思議ではない。

ウォールを責めているわけではない。ケガは不幸を招くということ。だが、それがリアルだった。

だから、ウォールと1巡目指名権を放出し、ウエストブルックを獲得するトレードは、理にかなっているように見えた。おそらく今もそうだろう。ウォールは、開幕からスタートダッシュこそ切れたものの、その後はパフォーマンスは下り坂で、最近ではケガのために5試合を欠場した。ここ最近ケガで苦労していたウエストブルックは、ここから改善を見せるだろう。

しかし、この状況における冷酷なロジックを受け入れることは、ウォールの役割ではない。彼は、現実のものであれ、認識されたものであれ、彼が正しいと思うままにモチベーションとして利用できる。

理想を言えば、ウォールは裏切るに値しない人を裏切ったりはしないだろう。プレイヤーはトレードされると、状況に関係なく悩まされることが多い。トレード自体ではなく、プロセスだけの問題を引き合いに出すのは、状況を正確に表すというよりは、同情を集めるための方法になりかねない。ウィザーズのフロントが、別の観点からトレードのプロセスについて示す可能性もある。

とはいえ、シェパードは、トレード前に噂について公に否定したことで、旨味を失ってしまった。■

“Wizards GM Tommy Sheppard denies John Wall requested a trade, says no trade planned”(NBC Sports)

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。