マンスリーアーカイブ February, 2021

ジェレミー・リン以来のニックス最大の期待の星、イマニュエル・クイックリー

ドラフト1巡目25位指名の21歳は、あっという間にファンの大のお気に入りになってしまった。

ジェームス・ハーデンの後悔と覚悟

ブルックリン・ネッツのジェームス・ハーデンは、ヒューストン・ロケッツからの自身の去り際の悪さを申し訳なく思っている。

トム・ブレイディーとレブロン・ジェームスがスポーツ界にもたらした新たなGOAT像

トム・ブレイディーはフットボール界のGOATであるジョー・モンタナを越え、レブロン・ジェームスはバスケットボール界のGOATであるマイケル・ジョーダンを越えようとしている。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。

タレン・ホートン・タッカーの25のコト

質の高いベテランが多いチームで、年齢が25歳を下回るレイカーは1人しかいない。

ラプターズでスパークプレイを続ける渡邊は日本のバスケブームの加速を期待する

それは、ここまで順風満帆とは言えないシーズンを送っているラプターズが、今季に本拠地を置くタンパで行われたマジック戦の第4クオーターの3分を過ぎた頃だった。

アンソニー・デイビス「1回限りのチャンピオンになる気なんて毛頭ない」

昨季、アンソニー・デイビスはNBAで優勝することがどのようなものかを初めて経験した。優勝パレードやファンの目の前でチャンピオンシップシリーズを戦うような完全な経験こそできなかったが、ラリー・オブライエン・トロフィーを掲げ、ロッカールームでチームメイトにシャンパンを浴びせることができた。それだけでも、過去も現在も、ほとんどの選手が実現できていないことを、デイビスは27歳で実現した。

コリン・セクストンとダリアス・ガーランドの若きバックコートコンビがキャバリアーズに報いをもたらす日は近い

昨季、クリーブランド・キャバリアーズは、バックコートに22歳のコリン・セクストンと20歳のダリアス・ガーランドというコンビを起用したが、絶賛されることはなかった。しかし、たった1年で、キャバリアーズが誇るこのNBA最年少のバックコートコンビが熱視線を浴びるようになった。この違いは何なのだろうか。
Advertisment

Most Popular

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

競争者として、少女の父親として。コービーと絆を結んでいたザック・ランドルフ

コービー・ブライアントが逝去したあの悲劇的な事故から1年。元NBAオールスターのザック・ランドルフと、ブライアントの女子バスケットボールチームでプレイしていたランドルフの娘であるマッケンリーは、いまだにブライアント父娘の弔いを続けている。 ザック・ランドルフとコービー・ブライアントは、10年以上にわたってNBAのウエスタン・カンファレンスで同じ時代に戦った同士だ。2人は、オールスターゲームで2度チームメイトだった。彼らは、ブライアントがレイカーズの一員として、そしてランドルフがロサンゼルス・クリッパーズの一員としてプレイしていた短い期間(2008-09シーズンの1シーズンのみ)、ステイプルズ・センターという同じ職場を共有していた。