マンスリーアーカイブ May, 2021

ジャレッド・ダドリー「アンソニー・デイビスはレイカーズのリーダーとして大きく飛躍した」

ジャレッド・ダドリーは、アンソニー・デイビスがレイカーズの手綱を取り始めたことをとても喜んでいる。

「再びヘッドコーチの職に就きたい」と熱望するジェイソン・キッド

ロサンゼルス・レイカーズのアシスタントコーチ、ジェイソン・キッドが、自身のキャリアにおける希望とチームのタイトルチャンスについて語った。

ペリカンズの育成の舞台裏:コーリー・ブリュワーがNBAコーチとしての1年目を振り返る

13年のNBAキャリアを経て、オフシーズンにコーチへの転身を果たし、選手育成コーチとしてニューオーリンズ・ペリカンズに加わったコーリー・ブリュワー。彼は、NBAコーチとしての初めてのシーズンと、ペリカンズのヤングコアとの取り組みについて、この記事を書いている。

エルフリッド・ペイトン「ニックスを疑っている人々が間違っていることを証明する」

ニューヨーク・ニックスは、2012-13シーズン以来初めて、イースタン・カンファレンスの第4シードとしてプレイオフの舞台に戻ってきた。

スポーツ界で最も誤解されている男、カイリー・アービングの真実

電話に出たドレデリック・アービングは、息子のことで延々とやりとりすることには興味がないと説明した。彼は、1980年代と1990年代に選手としての自分の時代があったと話し、カイリーについての世間の認識を作ろうとしないという約束をカイリーと交わしていると述べた。

レイカーズのケミストリーはNBAで今まで経験したことのないものだと語るアンドレ・ドラモンド

アンドレ・ドラモンドがレイカーズで初めて勝利の文化を味わっていることは明らかだ。

腕立て伏せで目を覚ますラッセル・ウエストブルックのリアルな食生活

ワシントン・ウィザーズのガード、ラッセル・ウエストブルックは、過去5シーズンで4回目となるトリプルダブルを達成している。彼以外にこの偉業を達成したのは、1962年にオスカー・ロバートソンが達成した1回だけ。また、ウエストブルックは、オスカー・ロバートソンを抜いてNBA史上最多となるトリプルダブルにあと3つに迫っている(※日本時間5月11日に達成)。最近まで「不可能だ」と思われていた記録を破るには、膨大なバスケットボールの才能とエネルギーが必要だが、ウエストブルックはその両方を兼ね備えている。

ヒートがほぼ出場しない40歳のベテランに2.5億円を支払う理由

木曜日(日本時間5月16日)、マイアミ・ヒートは今シーズン初めてユドニス・ハスレムを起用した。彼はわずか3分の出場の後、退場となった。

渡邊雄太のNBAデビューまでの道のり、これが始まりに過ぎない理由

陵南高校のスター・仙道彰は、トレードマークである屈託のない笑顔で、ウイングで相まみえた湘北高校の2人のディフェンダーを見つめた。そして、ダブルチームからパスを出さざるを得ないかと思われたその時、仙道はリムに向かって突き進んだ。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。

ラッセル・ウエストブルックがNBAのトリプルダブル・キングになるまで

2009年3月、ダーク・ノビツキー、ジェイソン・キッド、そしてダラス・マーベリックスがオクラホマシティーにやってきた時、サンダーのオクラホマシティーでの最初のシーズンが終わりを迎えようとしていた頃だった。

ある謙虚なNBAモーメントに日本から拍手喝采が贈られる

ダンクされ、それがネットで拡散される。「うわあ」と声を漏らす。渡邊雄太でなければそうなる。渡邊雄太の努力は、母国・日本のバスケットボールファンを大いに魅了している。

NBAで最もアンタッチャブルな選手は?

BasketballNews.comは、我々が誇る記者たちに、次のような質問をぶつけてみた。「今、NBAで最もアンタッチャブルな選手は誰か?」。

ラッセル・ウエストブルックはトリプルダブルを簡単に達成して見せる。しかし、決して簡単じゃない。

ワシントン・ウィザーズのガード、ラッセル・ウエストブルックは、直近5シーズンで4回目となる平均トリプルダブルを達成しようとしており(※5月3日に達成)、それはほとんど日常的なことのように思える。では、なぜ他の選手は同じようにトリプルダブルを達成しないのだろうか。

PJ・タッカー Q&A:バックスへのトレード、ジェームス・ハーデンへのディフェンスなど

バックスにトレードされてから1カ月あまり。屈強なスイングマン、PJ・タッカーは少し落ち込んでいた。
Advertisment

Most Popular

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

競争者として、少女の父親として。コービーと絆を結んでいたザック・ランドルフ

コービー・ブライアントが逝去したあの悲劇的な事故から1年。元NBAオールスターのザック・ランドルフと、ブライアントの女子バスケットボールチームでプレイしていたランドルフの娘であるマッケンリーは、いまだにブライアント父娘の弔いを続けている。 ザック・ランドルフとコービー・ブライアントは、10年以上にわたってNBAのウエスタン・カンファレンスで同じ時代に戦った同士だ。2人は、オールスターゲームで2度チームメイトだった。彼らは、ブライアントがレイカーズの一員として、そしてランドルフがロサンゼルス・クリッパーズの一員としてプレイしていた短い期間(2008-09シーズンの1シーズンのみ)、ステイプルズ・センターという同じ職場を共有していた。