NBAで最もアンタッチャブルな選手は?

BasketballNews.comは、我々が誇る記者たちに、次のような質問をぶつけてみた。「今、NBAで最もアンタッチャブルな選手は誰か?」。

Source: “Roundtable: Who is the most untouchable player in the NBA?”(BasketballNews.com)

Alex Kennedy:Forbesによると、2010年にレブロン・ジェームスがクリーブランド・キャバリアーズを去った時、フランチャイズの評価額は1年で25%も下がったという。2014年にジェームスがクリーブランドに戻ってきた時、TIMEはあるエコノミストに話を聞き、ジェームスの復帰はキャバリアーズに大金をもたらすだけでなく、地元経済を5億ドル(500億円)も活性化させると試算した。レブロンがいるフランチャイズは大金を稼ぎ、仲間にスター選手を惹きつけながら、優勝争いに加わることができる。それがレブロン効果だ。ルカ・ドンチッチのポテンシャルも桁外れですが、レブロンはコート上でもコート外でも確実な存在だ。

Moke Hamilton:NBAで最もアンタッチャブルな選手は、ルカ・ドンチッチだろう。まだ22歳という若さで、彼の本当の天井がどこにあるのかわからないし、レブロン・ジェームスのキャリア初期の業績のいくつかをすでに覆している。まさに、底が知れないんだ。ザイオン・ウィリアムソンもまた、ここで紹介するにふさわしい選手だ。ダラス・マーベリックスとニューオーリンズ・ペリカンズのどちらかが、リーグのどのチームにも電話して、この2人の選手で1対1のトレードをオファーしたら、相手チームは「イエス」と答えるに違いない。一方で、将来性を考慮せず、今シーズン限りのアンタッチャブルという前提で話をすると、私はレブロン・ジェームスがケビン・デュラントよりもやや有利だと思う。デュラントは一歩も譲らないが、レブロンは未だに仲間からの尊敬を集めているし、ファイナルMVPを獲得し、今でも王座に君臨している。

“Zion’s career-high 39 points not enough as Pelicans falter down stretch against Nuggets, lose 113-108”(The Bird Wirites)

Ethan Fuller:これは本当に、本当に難しい質問だった。というのも、レブロン・ジェームスは今でも地球上で最高のバスケットボール選手であり、アメリカのスポーツ界で最大の知名度を誇っているからだ。彼の勝利への影響力はNBAの誰よりも大きく、ビジネスの観点からも彼の存在だけでアリーナにファンが集まる。 レイカーズはそれだけで市場性のある特別な場所だと理解している。しかし、レイカーズや他のチームがジェームスをトレードするというシナリオは現実味が全くない。

Kelsea O’Brien:現時点で、そしてリーグの状況的に、私はルカを推したい。マブスは、世代を超えた才能を無駄にせず、実際にキープするつもりで育成するチーム。マーク・キューバンは、ダーク(・ノビツキー)のドアが閉まると、ルカのドアが開いた。特に、まだキャリアが浅く、彼の能力をすべて把握していない段階で、ルカをトレードするとは思えない

“NBA players including LeBron were in awe of Luka Doncic’s crazy game-winning three”(For The Win)

Nekias Duncan:今のところ、答えはユドニス・ハスレムかもしれない。何かが起こらない限り動かされないようなスーパースターの話をするのは簡単だが、ハスレムのような選手は、マイアミのフランチャイズアイコンとしての地位を確立している。現在は選手としての地位に留まっているが、組織にとってはかけがえのない存在だ。

Imman Adan:3つの異なるフランチャイズを過去10回のファイナルのうち9回も導いた男、レブロン・ジェームスがNBAにいる限り、最もアンタッチャブルなプレーヤーとして他の誰かを主張することは難しい。リーグの他の選手との公平性を保つためにレブロンを方程式から引いてみると、私の答えはルカ・ドンチッチだ。ドンチッチはMVP級の選手でありながらまだルーキー契約のさなかにある。平均28.6点、8.9アシスト、8.0リバウンドを記録し、ジェームス・ハーデンに匹敵するプレイメイキングとレブロンのようなフィニッシュを見せる彼は、NBAで最もアンタッチャブルな選手と言っても過言ではないだろう。

Chris Sheridan:現時点で、リーグで最もアンタッチャブルな選手はニコラ・ヨキッチだ。最高のオールラウンドプレイヤーだからではなく、他の誰もできないことができるユニークなプレーヤーだからだ。ポイントセンターがいて、首脳陣が彼の周りにさまざまなピースを組み合わせられれば、それは強力な立場で運営されていることになる。彼のような選手を見つけるのは何年も先になるかもしれない。

“Nikola Jokić Has Been the MVP All Along”(Sports Illustrated)

Spencer Davies:このリーグには非常に多くのスターやタレントがいるので、この質問に答えることは本質的に不可能だが、これまで目にしてきたように、適切な価格であれば、チームは喜んで耳を傾けるものだ。絶対にトレードされない選手が一人いるとしたら、それはレブロン・ジェームスだ(将来のドラフト指名権のためのサイン&トレードではなく、実際のトレードで)。その理由を列挙するのは時間の無駄かもしれないが念のために言うと、4度の優勝とMVP獲得、36歳にして世界最高の選手であること、おそらくバスケットボールコートに足を踏み入れた最も偉大な選手であること。そんな選手は、絶対に手放したりしない。

Jannelle Moore:私にとって、ステフィン・カリーとルカ・ドンチッチは、今最もアンタッチャブルな選手だ。彼らは、現在(カリー)と未来(ドンチッチ)のフランチャイズの礎です。ステフは今年、まだ高いレベルでプレイできることを証明したし、他のジャージーを着た姿を想像できないタイプの選手だ(コービー・ブライアント、ティム・ダンカン、ダーク・ノビツキーのように)。ルカは3年間のキャリアを通して素晴らしい活躍をしており、今後もさらに良くなっていくだろう。ダラスが彼と袂を分かつことなどはないだろう。

Jonathan Concool:レブロン・ジェームスがNBAにいる限り、彼はリーグで最もアンタッチャブルな選手だ。レブロンがチームにもたらすバスケットボールの素晴らしさはもちろんのこと、彼はリーグで最も市場性の高いスーパースターの一人でもある。レブロンをチームに迎え入れることは、チームのタイトル獲得への期待を高めるだけでなく、チームの収益を飛躍的に向上させる。■

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。