腕立て伏せで目を覚ますラッセル・ウエストブルックのリアルな食生活

ワシントン・ウィザーズのガード、ラッセル・ウエストブルックは、過去5シーズンで4回目となるトリプルダブルを達成している。彼以外にこの偉業を達成したのは、1962年にオスカー・ロバートソンが達成した1回だけ。また、ウエストブルックは、オスカー・ロバートソンを抜いてNBA史上最多となるトリプルダブルにあと3つに迫っている(※日本時間5月11日に達成)。最近まで「不可能だ」と思われていた記録を破るには、膨大なバスケットボールの才能とエネルギーが必要だが、ウエストブルックはその両方を兼ね備えている。

ウエストブルックは32歳にして、1試合で35分以上プレイしている。その理由は、起床時の腕立て伏せ、睡眠時間の短さ、アルカリイオン水による水分補給、そして高校時代から続けている試合前のピーナッツバター&ジェリーなど、食事やルーティンに工夫を凝らしているからだ。GQはウエストブルックにインタビューし、NBAで最も生産性の高い選手のパワーの秘密を探った。

Source: “The Real Life Diet of Russell Westbrook, Who Uses Push-Ups to Wake Up”(GQ)

GQ:君の一日はいつも何時に始まる?

ラッセル・ウエストブルック(以下、RW):小さな子どもがいるから、かなり早い時間から始まるよ。6:30か7:00かな。シーズン中であれば変わるかもしれないが、それでもだいたい7:00くらいだね。

GQ:子どもが生まれる前はもっと遅かった?

RW:いや、同じくらいだったよ。私は早起きの人なんだ。早く起きて早く一日を始めるのが好きなのさ。

GQ:いつも朝一番にすることは何?

RW:時々、腕立て伏せをして体を目覚めさせるよ。ほとんどの場合、それで一日が始まるかな。

GQ:普段は何回くらい腕立て伏せをする?

RW:それも、その日の夜にどれだけ起きていたかによって変わるんだ。でも、血流を良くするために、25~50回はやるようにしているよ。

GQ:睡眠時間は何時間を目安にしている?

RW:だいたい5~6時間くらいかな。それ以上の時間が取れれば、とてもありがたいかな。

GQ:睡眠時間が短いね。

RW:睡眠時間が長くなると、体調が悪くなるんだ。ノンストップで行動することが私の人生。それが私のやり方なんだ。

GQ:以前はもっと長く寝ていた?

RW:たまに7~8時間寝ることもあるけど、それは決して私の標準的なものではないよ。昔から、夜更かしはするけど早起きはする、という感じさ。

GQ:朝食は何を食べている?

RW:朝食が一日の中で一番好きな食事だから、普段、本当にたくさんの朝食を食べる。果物、青汁、オレンジジュース。朝食はよく変わるけど、オムレツ、アボカドトースト、パンケーキ、ワッフル、ハッシュブラウンなど、何でも食べるよ。

GQ:昼食と夕食には何を食べている?

RW:昼は魚。お昼はサラダ。おやつは、ピーナッツ、パフェ、ヨーグルト、スムージーなどを好んで食べるかな。夕食は、野菜たっぷりのパスタ。今は魚しか食べられない。しばらく肉は食べられない

GQ:なぜ魚だけ?

RW:私は何かを変えたいと思っていた体重を減らしつつ、体の強さや体の大きさを維持したかった。だから、新しいことに挑戦しているんだ。特にシーズン中は、年を重ねてもなお、自分のやりたいこと、特にプレイ中にできることをするために、体を正しい状態に保ち、健康を保つためのより良い方法を考えなければならない

GQ:君は今でも信じられないくらい高いレベルでプレイしている。年を重ねてもその体力を維持するためには、食事やトレーニングを工夫しなければならなかったように思うけど?

RW:そんなことはないよ。以前は大丈夫だった。ただ、体重が重すぎると感じていたから、少し痩せたいと思っていた。それは私の個人的な気持ちだった。正直なところ、理由はそれだけさ。

GQ:夜の時間帯に試合があった場合、試合の後で食事をする?

RW:試合後に食事をするのは、私にとっては難しいかな。食べられる時に食べ、スムージーやシェイクを飲んで体を回復させる。疲れが取れ、食事をするまでには時間がかかる。でも、最終的には次の日のために何かを食べるよ。

GQ:食べ物に関して、良くないと分かっているのにやめられない食べ物はある?

RW:たくさんあるよ! でも、今はあまりできていないかな。自分の体のことや消費カロリーを考えると、もう少しごまかせるとは思うけど。でも、そうですね、たくさんあっても、特にシーズン中の今は食べていないかな。キャンディーも、スナックも、デザートも大好きさ。おそらく他の皆と同じようにね。

GQ:特に好きなお菓子は何?

RW:PayDay。

GQ:お菓子は、チョコレートと、スターバーストやスキトルズなどのフルーツキャンディーに分けられるような気がするけど。

RW:私は全部食べるよ。酸っぱいのも。何でも良いんだ。特に気にしない。その日の気分で食べるよ。リースもスキトルズも、何でも食べる。でも、最近はお菓子は食べていないたまに食べることもあるけど、以前のように頻繁には食べていない

GQ:今、君がしているルーティンの中で、もっと早く知っていれば良かったと思うことはある?

RW:おかしな話だけど、私は選手になってから、食事の内容やタイミングなど、かなり一貫したルーティンをこなしている。唯一多く学んでいるのは、飲み物だ。私は「Flow」のアンバサダーでありパートナーでもあるので、これは重要なことだった。このアルカリイオン水を飲んで、それがいかに身体や回復にどのように良いかを知り、それを活用することができている。私はジュースを飲むのが好きだけど、今はジュースはほとんど飲まず、一日中水だけを飲んでいるよ。水分補給のために、一日中Flowを飲んでいる。これは私にとって新しいことだと思う。

GQ:いまだに夏に砂丘を走っている

RW:うん、相変わらずだよ。(笑)

GQ:楽になった? それとも、やっぱり苦しい?

RW:長い間やっているから、管理の仕方や、どのくらいの量が必要なのか、どのくらいの時間が必要なのかが分かっている。だから、全然苦しくはないよ。脚力や持久力の向上に役立っているんだ。

GQ:10年前と比べて、現在のエネルギーレベルはどう?

RW:幸いなことに、私はまだまだエネルギーに溢れているよ。でも、だからこそ、食生活や体のケアがとても大切なんだ。これをできるだけ長く続けていくこと、それが最大の目標だ。

GQ:そういった君にとって、回復のために良いツールはある?

RW:私の場合、シェイクやスムージー、ピーナッツバターなどが好きだ。その中でも、ピーナッツバターが特に大好きさ。すぐに補給できるものが良いね。それが私が回復のために利用しているものかな。

GQ:シェイクやスムージーには何を入れる?

RW:ピーナッツバターといくつかのプロテイン、そしてバナナ。特別なものは特にない。自分に合ったものを入れているよ。

GQ:常にこんなに熱心にダイエットやフィットネスに取り組んでいた? 新人の頃、こんなに一生懸命考えていた?

RW:いいや、そんなことはないよ。でも、私は「あれも食べよう、これも食べよう」というような人でもない。私は幸運で恵まれていて、食べたいものを食べられる。私のプレイスタイルとそれによる消費カロリーのためにね。しかし、年齢を重ねるにつれ、エリートレベルで持続的に活躍したいと思うなら、違いのあることに取り組んでいかなければならない

GQ:それはどのようにして学んだ? 他の選手を見て学んだ?

RW:ただ学ぶだけさ。他の皆と同じように、ただ学び、調べ、自分の体に合ったもの、自分に合ったものと思われるものをいろいろと試してみるんだ。他の人の体より自分の体に良く合うものはたくさんあるから、自分の体に合ったものを見つけていくしかないよ。

GQ:試合の日に食べるものを変えたりしている?

RW:試合の日は同じものを食べる。それは変わりません。ピーナッツバター&ジェリーのサンドイッチを2つ、いくつかの果物、プレーンのパスタだ。

GQ:いつからそのメニューを続けている?

RW:実は、高校生の時からだ(笑)。パスタはもう少し後になってからかな。ピーナッツバター&ジェリーは高校生の頃からだね。

GQ:何がきっかけで食べ始めたか覚えている?

RW:ピーナッツバターが好きだからさ。自分の体がどう感じるかに一貫性を持たせること、それが一番大切なんだ。少なくとも私の場合は、自分の体がどのように反応するかが分かっているので、どのくらい食べれば良い状態になるかが分かるんだ。ピーナッツバター&ジェリーは、試合中も体を支えてくれ、空腹を感じることもなく、エネルギー不足になることもない。私に合ったものなんだ。

GQ:シーズン中の平日は、普段どのようなワークアウトをしている?

RW:重いものはあまり持ち上げない。動くワークアウトが多いね。それと、ストレッチング、安定力の向上、身体の強化。この1週間はそんな感じで、体の調子を整え、自分がやるべきだと思うレベルのパフォーマンスを発揮できるよう、必要なことに一貫して取り組んでいる

GQ:最後の質問だ。トリプルダブルを達成するのと、父親でいること。どちらがより多くエネルギーを使う?

RW:父親でいること。間違いない。父親でいることにより多くのエネルギーを費やすことになっても構わないよ。なぜなら、それにこそ私のエネルギーを注ぐ必要があるからさ(笑)。■

@minibrooklook(Twitter)

JJ
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

Similar Articles

Comments

Most Popular

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。 「Whatever James wants.(ハーデンが望むことなら何でも叶えよう。)」

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。 今回は、彼の口から語られた「アンストッパブル」な選手のうち5人を取り上げ、彼がその5人に対してアプローチしていた守り方、その時に彼が感じていた心の内側に迫りたい。ブリュワー自身も語っているが、私たちファンは、思っている以上にNBAのスター選手を守ることの難しさを理解していないかもしれない。ブリュワーはその難しさについて非常に巧みに言語化し、中高生がディフェンスを向上させるのに参考にできる要素がたくさんあるように感じた。一流の選手は、平凡な選手よりはるかに多くのことを思考し、科学していることがわかる。このブログを通じて、それを少しでも肌で感じていただけたら幸いだ。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。