マンスリーアーカイブ June, 2021

ザイオン・ウィリアムソンとペリカンズのための特効薬はない

ザイオン・ウィリアムソンをニューオーリンズで幸せにすることは容易ではない。

49点のトリプルダブルを達成して傷ついたブルックリン・ネッツを救ったケビン・デュラント

2年前。ブルックリン・ネッツは、NBAファイナルでアキレス腱を断裂したばかりのケビン・デュラントと契約を結び、彼がブルックリンを牽引できると信じていた。ブルックリンのシーズンがかかった火曜日の夜、ミルウォーキー・バックスとのイースタン・カンファレンス準決勝の第5戦で、デュラントはネッツの彼への信頼が正しかったことを証明した。

モントレズ・ハレルとデボンテ・ケイコックの相互に有益なメンターシップ

4月、フロリダ州タンパベイにある高校の体育館で、レイカーズのガード、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープがチームの状況や負傷したスター選手の復帰時期についてZoomでメディアに語っていた時、画面の中には2-Wayプレイヤーのデボンテ・ケイコックの姿があった。それは、世界中が注目するチームメイトの背後で、練習に取り組んでいる姿だった。

自らのビッグプレイを生み出す力をヨーロッパからNBAに持ち込んだボグダン・ボグダノビッチ

ホークスのガード、ボグダン・ボグダノビッチは、セルビアで一番のハードワーカーの一人、特に最もクラッチなシューターの一人として知られている。バックスへのトレードが不成立に終わった今、彼はNBAのポストシーズンでそのレベルを発揮できることを示している。

ティロン・ルー「アイバーソンがいなければ今の私はいない」

「アイバーソンがファイナルに進出したことで、私のキャリアは本当に救われた」とルーは言う。「アイバーソンがいなければ、今の私はいなかっただろう」。

ニコラ・ヨキッチはいかにしてNBAで「最もありえない」MVPになろうとしているのか

ドラフト全体41位で指名されたセルビア人センターは、着実にスターダムを駆け上がり、最も低いドラフト指名順位でNBAのMVP受賞を目前にしている。

デビン・ブッカーが父から受けた金言。「スターの一人であることを見せつけろ」

 レブロン・ジェームスとレイカーズをノックアウトしたサンズのスターであるデビン・ブッカーは今、尊敬を勝ち取り始めている。

アンソニー・デイビス「まったく後悔していない」

アンソニー・デイビスは木曜日、ロサンゼルス・レイカーズのシーズンを救うべく、全力を尽くした。フェニックス・サンズとのファーストラウンド第3戦では膝を過伸展させ、第4戦では鼠径部を負傷したにもかかわらず、第6戦に出場し、チームのタイトル防衛のために絶望的な試みを行った。

トレイ・ヤングのサプライズシグネチャーシューズデビュー

ホークスのガード、トレイ・ヤングは、この先数カ月、新しいシューズを履いてプレイする予定はなかった。しかし、彼は待ちきれなかった。

ダニエル・ギャフォードにゲームのニュアンスを指導するラッセル・ウエストブルック

ウエストブルックのリーダーシップにはさまざまな形があるが、ダニエル・ギャフォードは彼のチームメイトとして2カ月余りの間、そのいくつかの形を見てきた。

メッタ・ワールド・ピースが語るメンタルヘルスへの取り組みとセラピーの重要性

2004年11月19日、インディアナ・ペイサーズのフォワード、メッタ・ワールド・ピース(当時はロン・アーテスト)は、かつてのデトロイト・ピストンズの本拠地であるオーバーン・ヒルズのパレスで、両軍が入り乱れているさなか、スコアラーテーブルに横たわっていた。残り45秒、ペイサーズが試合を優位に進めていた時、ワールドピースはピストンズのストロングマン、ベン・ウォレスにハードファウルを仕掛けた。これに反応したウォレスは、ワールドピースを突き飛ばしたが、彼は落ち着き、スコアラーテーブルに寝そべっていた。

苦難を乗り越え子どもの頃の夢を叶えたジョー・ハリス

ジョー・ハリスがワシントン州シェランの高校を卒業してバージニアに旅立つ時、彼の母親であるアリス・ハリスは、全ての母親がするのと同じように、彼の部屋を掃除した。その時、10歳のジョーが書いたリストが壁に貼られているのを発見した。それは、彼が自分自身の目標を書き記したものだった。
Advertisment

Most Popular

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。 ザック・ロウによる渡邊選手の紹介部分を抜粋。内容は以下。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。 彼は誰も持っていない強い決意を持ってティーンエイジャーとして地球の裏側からやってきた若者だった。10年ほど前に夢を追いかけ渡米した時には、ありえないと思われた夢を持つ少年だった。彼は誰も知らなかった。彼は誰ともコミュニケーションを取れなかった。しかし、彼は恐れなかった。彼は勇敢だった。

競争者として、少女の父親として。コービーと絆を結んでいたザック・ランドルフ

コービー・ブライアントが逝去したあの悲劇的な事故から1年。元NBAオールスターのザック・ランドルフと、ブライアントの女子バスケットボールチームでプレイしていたランドルフの娘であるマッケンリーは、いまだにブライアント父娘の弔いを続けている。 ザック・ランドルフとコービー・ブライアントは、10年以上にわたってNBAのウエスタン・カンファレンスで同じ時代に戦った同士だ。2人は、オールスターゲームで2度チームメイトだった。彼らは、ブライアントがレイカーズの一員として、そしてランドルフがロサンゼルス・クリッパーズの一員としてプレイしていた短い期間(2008-09シーズンの1シーズンのみ)、ステイプルズ・センターという同じ職場を共有していた。