暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。

NBAキャリア13年のコーリー・ブリュワーが守れなかった現役選手とは?

圧倒的な運動量と粘り強い執拗なディフェンスで、13年にわたりリーグを盛り上げてきたコーリー・ブリュワー。守備の名手である彼が、NBAの現役選手の中で「守れなかった」選手がいた。

ラプターズのフォワード・渡邊雄太のバスケットボールの旅に後戻りはない

渡邊雄太を理解するために、物語の成り立ちと、彼が受け入れたチャレンジの旅の物語を知らなければならない。

「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」に渡邊雄太が選出!

ESPNのザック・ロウが毎年選出する、ジャーニーマンやNBAに生き残るべく戦ってきた選手を称える「ルーク・ウォルトン・オールスターズ」。第10回となる2021年、トロント・ラプターズから渡邊雄太選手が選出された。
I Stan Basketball. / Started watching NBA since 2003 / A Big Fan of LeBron & Lakers / An Alumnus of University of Tsukuba / An Editor / A Blogger

JJ's Twitter

Latest Stories

自らのビッグプレイを生み出す力をヨーロッパからNBAに持ち込んだボグダン・ボグダノビッチ

ホークスのガード、ボグダン・ボグダノビッチは、セルビアで一番のハードワーカーの一人、特に最もクラッチなシューターの一人として知られている。バックスへのトレードが不成立に終わった今、彼はNBAのポストシーズンでそのレベルを発揮できることを示している。

ティロン・ルー「アイバーソンがいなければ今の私はいない」

「アイバーソンがファイナルに進出したことで、私のキャリアは本当に救われた」とルーは言う。「アイバーソンがいなければ、今の私はいなかっただろう」。

ニコラ・ヨキッチはいかにしてNBAで「最もありえない」MVPになろうとしているのか

ドラフト全体41位で指名されたセルビア人センターは、着実にスターダムを駆け上がり、最も低いドラフト指名順位でNBAのMVP受賞を目前にしている。

ARCHIVES