Tag: Houston Rockets

「ウィザーズは私に嘘をついていた」。崩れ落ちたジョン・ウォールとウィザーズの信頼関係

ジョン・ウォールがトレードを要求したと報じられた後、ワシントン・ウィザーズのGMであるトミー・シェパードは「ジョンと私、ジョンとウィザーズの間には何の問題もない」と公に語っていたが、果たしてこれは真実なのだろうか?

クリスチャン・ウッドの決して屈しない力

11月、ヒューストン・ロケッツと3年4,100万ドル(約41億円)の契約にサインしたクリスチャン・ウッドの心の中で、ほろ苦い記憶が駆け巡っていた。

暴かれたロケッツとハーデンの闇

2人のオーナーと4人のヘッドコーチによってたすきをつないできたジェームス・ハーデン時代のヒューストン・ロケッツの文化は、元スタッフによるこの短い言葉に集約されるかもしれない。

PJ・タッカーとロケッツはスモールボールを「勝利の方程式」にできるか?

走れるビッグマン、クリント・カペラをホークスに放出し、「スモールボール」に戦術を振り切ったロケッツ。改めて、ロケッツはスモールボールで本当に優勝を狙えるのか、そしてその中でPJ・タッカーが担う役割について考察したい。
Advertisment

Most Popular

ザイオン・ウィリアムソンとペリカンズのための特効薬はない

ザイオン・ウィリアムソンをニューオーリンズで幸せにすることは容易ではない。 ザイオン・ウィリアムソンは、個人の観点からすると、NBAでの目覚ましい2年目のシーズンを送った。プロ生活で初めてボールハンドリングの責任を負い、バスケットに向かう際には誰にも止められない強さを証明した。平均27点、フィールドゴールパーセンテージも61.1%を記録し、リーグで最も恐るべきリム・フィニッシャーとなった。ウィリアムソンは、デューク大から2019年のドラフト全体1位指名でリーグ入りした際にセットされた天井知らずの期待に応え始めているが、ニューオーリンズ・ペリカンズのチームの成功はまだまだ追いついてきていない。

49点のトリプルダブルを達成して傷ついたブルックリン・ネッツを救ったケビン・デュラント

2年前。ブルックリン・ネッツは、NBAファイナルでアキレス腱を断裂したばかりのケビン・デュラントと契約を結び、彼がブルックリンを牽引できると信じていた。ブルックリンのシーズンがかかった火曜日の夜、ミルウォーキー・バックスとのイースタン・カンファレンス準決勝の第5戦で、デュラントはネッツの彼への信頼が正しかったことを証明した。 Source: “Kevin Durant posts 49-point triple-double to save 'wounded' Brooklyn Nets in...

モントレズ・ハレルとデボンテ・ケイコックの相互に有益なメンターシップ

4月、フロリダ州タンパベイにある高校の体育館で、レイカーズのガード、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープがチームの状況や負傷したスター選手の復帰時期についてZoomでメディアに語っていた時、画面の中には2-Wayプレイヤーのデボンテ・ケイコックの姿があった。それは、世界中が注目するチームメイトの背後で、練習に取り組んでいる姿だった。 ケイコックにとって、これは新しいことではない。比較的無名で、体格もずば抜けているというわけでない、ドラフト外の2年目のセンターは、レイカーズでの1年目にNBAチのャンピオンシップを獲得したが、チームがタイトルを争う中で、彼がファンから脚光を浴びるということはほとんどなかった。