Tag: Los Angels Clippers

カワイ・レナードとポール・ジョージに対する特別扱いが生み出していた波紋

理論上では、2019-2020シーズンのロサンゼルス・クリッパーズは、カリーとトンプソンにKDを加えたゴールデンステイト・ウォリアーズ以来のスーパーチームに最も近い存在だった。しかしながら、コート上では、彼らはそのような支配的なプレイをしたことがほとんどないままシーズンの幕が閉じた。

【番外編】NBAファイナル4で最もお金の使い方が上手なのは? サラリーキャップ格付けチェック 〜Vol.5 ロサンゼルス・クリッパーズ〜

4回にわたってお送りした、各カンファレンスファイナル出場4チームにおけるサラリーキャップの格付けチェック。好評につき、今回は番外編として、ファイナル4以外のチームをピックアップ。カンファレンスファイナル進出に王手をかけながら、ミラクル・ナゲッツの勢いに飲まれ、まさかの逆転でシリーズ敗退となったロサンゼルス・クリッパーズを取り上げる。

「反骨心」の男、パトリック・ビバリー

パトリック・ビバリーという男は、つくづくファンを楽しませてくれる。
Advertisment

Most Popular

ザイオン・ウィリアムソンとペリカンズのための特効薬はない

ザイオン・ウィリアムソンをニューオーリンズで幸せにすることは容易ではない。 ザイオン・ウィリアムソンは、個人の観点からすると、NBAでの目覚ましい2年目のシーズンを送った。プロ生活で初めてボールハンドリングの責任を負い、バスケットに向かう際には誰にも止められない強さを証明した。平均27点、フィールドゴールパーセンテージも61.1%を記録し、リーグで最も恐るべきリム・フィニッシャーとなった。ウィリアムソンは、デューク大から2019年のドラフト全体1位指名でリーグ入りした際にセットされた天井知らずの期待に応え始めているが、ニューオーリンズ・ペリカンズのチームの成功はまだまだ追いついてきていない。

49点のトリプルダブルを達成して傷ついたブルックリン・ネッツを救ったケビン・デュラント

2年前。ブルックリン・ネッツは、NBAファイナルでアキレス腱を断裂したばかりのケビン・デュラントと契約を結び、彼がブルックリンを牽引できると信じていた。ブルックリンのシーズンがかかった火曜日の夜、ミルウォーキー・バックスとのイースタン・カンファレンス準決勝の第5戦で、デュラントはネッツの彼への信頼が正しかったことを証明した。 Source: “Kevin Durant posts 49-point triple-double to save 'wounded' Brooklyn Nets in...

モントレズ・ハレルとデボンテ・ケイコックの相互に有益なメンターシップ

4月、フロリダ州タンパベイにある高校の体育館で、レイカーズのガード、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープがチームの状況や負傷したスター選手の復帰時期についてZoomでメディアに語っていた時、画面の中には2-Wayプレイヤーのデボンテ・ケイコックの姿があった。それは、世界中が注目するチームメイトの背後で、練習に取り組んでいる姿だった。 ケイコックにとって、これは新しいことではない。比較的無名で、体格もずば抜けているというわけでない、ドラフト外の2年目のセンターは、レイカーズでの1年目にNBAチのャンピオンシップを獲得したが、チームがタイトルを争う中で、彼がファンから脚光を浴びるということはほとんどなかった。