Tag: Los Angels Lakers

モントレズ・ハレルとデボンテ・ケイコックの相互に有益なメンターシップ

4月、フロリダ州タンパベイにある高校の体育館で、レイカーズのガード、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープがチームの状況や負傷したスター選手の復帰時期についてZoomでメディアに語っていた時、画面の中には2-Wayプレイヤーのデボンテ・ケイコックの姿があった。それは、世界中が注目するチームメイトの背後で、練習に取り組んでいる姿だった。

アンソニー・デイビス「まったく後悔していない」

アンソニー・デイビスは木曜日、ロサンゼルス・レイカーズのシーズンを救うべく、全力を尽くした。フェニックス・サンズとのファーストラウンド第3戦では膝を過伸展させ、第4戦では鼠径部を負傷したにもかかわらず、第6戦に出場し、チームのタイトル防衛のために絶望的な試みを行った。

ジャレッド・ダドリー「アンソニー・デイビスはレイカーズのリーダーとして大きく飛躍した」

ジャレッド・ダドリーは、アンソニー・デイビスがレイカーズの手綱を取り始めたことをとても喜んでいる。

「再びヘッドコーチの職に就きたい」と熱望するジェイソン・キッド

ロサンゼルス・レイカーズのアシスタントコーチ、ジェイソン・キッドが、自身のキャリアにおける希望とチームのタイトルチャンスについて語った。

レイカーズのケミストリーはNBAで今まで経験したことのないものだと語るアンドレ・ドラモンド

アンドレ・ドラモンドがレイカーズで初めて勝利の文化を味わっていることは明らかだ。

トム・ブレイディーとレブロン・ジェームスがスポーツ界にもたらした新たなGOAT像

トム・ブレイディーはフットボール界のGOATであるジョー・モンタナを越え、レブロン・ジェームスはバスケットボール界のGOATであるマイケル・ジョーダンを越えようとしている。

タレン・ホートン・タッカーの25のコト

質の高いベテランが多いチームで、年齢が25歳を下回るレイカーは1人しかいない。

アンソニー・デイビス「1回限りのチャンピオンになる気なんて毛頭ない」

昨季、アンソニー・デイビスはNBAで優勝することがどのようなものかを初めて経験した。優勝パレードやファンの目の前でチャンピオンシップシリーズを戦うような完全な経験こそできなかったが、ラリー・オブライエン・トロフィーを掲げ、ロッカールームでチームメイトにシャンパンを浴びせることができた。それだけでも、過去も現在も、ほとんどの選手が実現できていないことを、デイビスは27歳で実現した。
Advertisment

Most Popular

ザイオン・ウィリアムソンとペリカンズのための特効薬はない

ザイオン・ウィリアムソンをニューオーリンズで幸せにすることは容易ではない。 ザイオン・ウィリアムソンは、個人の観点からすると、NBAでの目覚ましい2年目のシーズンを送った。プロ生活で初めてボールハンドリングの責任を負い、バスケットに向かう際には誰にも止められない強さを証明した。平均27点、フィールドゴールパーセンテージも61.1%を記録し、リーグで最も恐るべきリム・フィニッシャーとなった。ウィリアムソンは、デューク大から2019年のドラフト全体1位指名でリーグ入りした際にセットされた天井知らずの期待に応え始めているが、ニューオーリンズ・ペリカンズのチームの成功はまだまだ追いついてきていない。

49点のトリプルダブルを達成して傷ついたブルックリン・ネッツを救ったケビン・デュラント

2年前。ブルックリン・ネッツは、NBAファイナルでアキレス腱を断裂したばかりのケビン・デュラントと契約を結び、彼がブルックリンを牽引できると信じていた。ブルックリンのシーズンがかかった火曜日の夜、ミルウォーキー・バックスとのイースタン・カンファレンス準決勝の第5戦で、デュラントはネッツの彼への信頼が正しかったことを証明した。 Source: “Kevin Durant posts 49-point triple-double to save 'wounded' Brooklyn Nets in...

モントレズ・ハレルとデボンテ・ケイコックの相互に有益なメンターシップ

4月、フロリダ州タンパベイにある高校の体育館で、レイカーズのガード、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープがチームの状況や負傷したスター選手の復帰時期についてZoomでメディアに語っていた時、画面の中には2-Wayプレイヤーのデボンテ・ケイコックの姿があった。それは、世界中が注目するチームメイトの背後で、練習に取り組んでいる姿だった。 ケイコックにとって、これは新しいことではない。比較的無名で、体格もずば抜けているというわけでない、ドラフト外の2年目のセンターは、レイカーズでの1年目にNBAチのャンピオンシップを獲得したが、チームがタイトルを争う中で、彼がファンから脚光を浴びるということはほとんどなかった。