Tag: Miami Heat

ヒートがほぼ出場しない40歳のベテランに2.5億円を支払う理由

木曜日(日本時間5月16日)、マイアミ・ヒートは今シーズン初めてユドニス・ハスレムを起用した。彼はわずか3分の出場の後、退場となった。

アンドレ・イグダーラが見いだすタイラー・ヒーローとステフィン・カリーの共通点とは?

かつてゴールデンステイト・ウォリアーズに6年間在籍し、2年連続MVPの経験のあるステフィン・カリーと共に3度の優勝を経験したヒートのアンドレ・イグダーラは、プレイオフで輝きを放つルーキーのタイラー・ヒーローに、史上最高のシューターの呼び声高い元チームメイトのカリーの面影を重ねている。

タイラー・ヒーローの43のコト

5位マイアミ・ヒートが3位ボストン・セルティックスを2-1とリードして迎えたイースタンカンファレンスファイナル第4戦、ヒートに「シンデレラ・ボーイ」が登場した。その名は、タイラー・ヒーロー。2019年1巡目13位でヒートに入団した若武者は、初めてのプレイオフにもかかわらず、20歳以下のルーキーとして、プレイオフの1試合の得点で歴代2位となる37点を奪取。奇しくも、スペルこそ微妙に異なるが、まさに「ヒーロー」(英雄)のような活躍で勝利に貢献し、ヒートが3-1とファイナル進出に王手をかけた。

NBAファイナル4で最もお金の使い方が上手なのは? サラリーキャップ格付けチェック 〜Vol.4 マイアミ・ヒート〜

4回にわたってお送りしている、各カンファレンスファイナル出場4チームにおけるサラリーキャップの格付けチェック。早いもので最終回となる今回は、MVPのヤニス・アデトクンポを擁する東の横綱・バックスを叩く下克上を成し遂げ、カンファレンスファイナルに上り詰めてきたマイアミ・ヒートを取り上げていく。

アンドレ・イグダラ が絶賛するヒートのカルチャー、試練の最中にあるメイヤーズ・レナードとケンドリック・ナン

マイアミ・ヒートでいぶし銀の活躍を見せているベテランのアンドレ・イグダラ は、独自の視点を持ってヒートに移籍したようだ。

NBA随一のタフガイ、ジミー・バトラー

NBA屈指のタフガイで知られる、マイアミ・ヒートのジミー・バトラー。最近、自身の才能や存在価値について、このように語っている。

アンドレ・イグダラ、マイアミ・ヒートに電撃移籍!

メンフィス・グリズリーズで実質「休職」状態だったアンドレ・イグダラの去就が決まった。移籍先が見つからなければ今季全休の可能性もあり、グリズリーズの若手、ディロン・ブルックスには「トレードされるのが待ち遠しい」と公に非難され、ジャ・モラントにもブルックスに同調するSNS上での発信をされ、話題が沸騰したばかりだったが、今日になってその状況が急転直下し、移籍が決定。移籍先は、噂されていたレイカーズでもバックスでもなく、ダークホースのヒートだった。
Advertisment

Most Popular

ザイオン・ウィリアムソンとペリカンズのための特効薬はない

ザイオン・ウィリアムソンをニューオーリンズで幸せにすることは容易ではない。 ザイオン・ウィリアムソンは、個人の観点からすると、NBAでの目覚ましい2年目のシーズンを送った。プロ生活で初めてボールハンドリングの責任を負い、バスケットに向かう際には誰にも止められない強さを証明した。平均27点、フィールドゴールパーセンテージも61.1%を記録し、リーグで最も恐るべきリム・フィニッシャーとなった。ウィリアムソンは、デューク大から2019年のドラフト全体1位指名でリーグ入りした際にセットされた天井知らずの期待に応え始めているが、ニューオーリンズ・ペリカンズのチームの成功はまだまだ追いついてきていない。

49点のトリプルダブルを達成して傷ついたブルックリン・ネッツを救ったケビン・デュラント

2年前。ブルックリン・ネッツは、NBAファイナルでアキレス腱を断裂したばかりのケビン・デュラントと契約を結び、彼がブルックリンを牽引できると信じていた。ブルックリンのシーズンがかかった火曜日の夜、ミルウォーキー・バックスとのイースタン・カンファレンス準決勝の第5戦で、デュラントはネッツの彼への信頼が正しかったことを証明した。 Source: “Kevin Durant posts 49-point triple-double to save 'wounded' Brooklyn Nets in...

モントレズ・ハレルとデボンテ・ケイコックの相互に有益なメンターシップ

4月、フロリダ州タンパベイにある高校の体育館で、レイカーズのガード、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープがチームの状況や負傷したスター選手の復帰時期についてZoomでメディアに語っていた時、画面の中には2-Wayプレイヤーのデボンテ・ケイコックの姿があった。それは、世界中が注目するチームメイトの背後で、練習に取り組んでいる姿だった。 ケイコックにとって、これは新しいことではない。比較的無名で、体格もずば抜けているというわけでない、ドラフト外の2年目のセンターは、レイカーズでの1年目にNBAチのャンピオンシップを獲得したが、チームがタイトルを争う中で、彼がファンから脚光を浴びるということはほとんどなかった。