Tag: Milwaukee Bucks

PJ・タッカー Q&A:バックスへのトレード、ジェームス・ハーデンへのディフェンスなど

バックスにトレードされてから1カ月あまり。屈強なスイングマン、PJ・タッカーは少し落ち込んでいた。

コービーの背中を追うヤニスはミルウォーキーでNBAの頂点を目指す

日本時間9月9日、絶対的エース、ヤニス・アンテトクンポが右足首負傷により欠場したミルウォーキー・バックスは、マイアミ・ヒートの前に惜敗。1勝4敗でセカンドラウンド敗退が決定し、2019-2020シーズンを終えた。2年連続MVPが確実視されるヤニスがチームを牽引しながらも優勝に遠く届かなかったためか、ウォリアーズやヒートなどの強豪への移籍が早くも噂されているが、ヤニスはフランチャイズプレイヤーとしてバックスを離れるつもりは毛頭ないようだ。

「The Greek Freak」、SNSを爆速解禁した裏にある思い

「The Greek Freak」こと昨季のMVP、ヤニス・アンテトクンポは、師として仰ぐコービー・ブライアントの逝去後、あまりのショックからか、自身のSNSアカウントを封印していた。(「削除していた」と一部で報道されていたが、過去の履歴が残るアカウントだったため、削除はしていなかったと思われる。)ところが、そこまで日が経たないうちに、Twitter・Instagramを共に再開させた。
Advertisment

Most Popular

ザイオン・ウィリアムソンとペリカンズのための特効薬はない

ザイオン・ウィリアムソンをニューオーリンズで幸せにすることは容易ではない。 ザイオン・ウィリアムソンは、個人の観点からすると、NBAでの目覚ましい2年目のシーズンを送った。プロ生活で初めてボールハンドリングの責任を負い、バスケットに向かう際には誰にも止められない強さを証明した。平均27点、フィールドゴールパーセンテージも61.1%を記録し、リーグで最も恐るべきリム・フィニッシャーとなった。ウィリアムソンは、デューク大から2019年のドラフト全体1位指名でリーグ入りした際にセットされた天井知らずの期待に応え始めているが、ニューオーリンズ・ペリカンズのチームの成功はまだまだ追いついてきていない。

49点のトリプルダブルを達成して傷ついたブルックリン・ネッツを救ったケビン・デュラント

2年前。ブルックリン・ネッツは、NBAファイナルでアキレス腱を断裂したばかりのケビン・デュラントと契約を結び、彼がブルックリンを牽引できると信じていた。ブルックリンのシーズンがかかった火曜日の夜、ミルウォーキー・バックスとのイースタン・カンファレンス準決勝の第5戦で、デュラントはネッツの彼への信頼が正しかったことを証明した。 Source: “Kevin Durant posts 49-point triple-double to save 'wounded' Brooklyn Nets in...

モントレズ・ハレルとデボンテ・ケイコックの相互に有益なメンターシップ

4月、フロリダ州タンパベイにある高校の体育館で、レイカーズのガード、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープがチームの状況や負傷したスター選手の復帰時期についてZoomでメディアに語っていた時、画面の中には2-Wayプレイヤーのデボンテ・ケイコックの姿があった。それは、世界中が注目するチームメイトの背後で、練習に取り組んでいる姿だった。 ケイコックにとって、これは新しいことではない。比較的無名で、体格もずば抜けているというわけでない、ドラフト外の2年目のセンターは、レイカーズでの1年目にNBAチのャンピオンシップを獲得したが、チームがタイトルを争う中で、彼がファンから脚光を浴びるということはほとんどなかった。