Tag: NBA

ティロン・ルー「アイバーソンがいなければ今の私はいない」

「アイバーソンがファイナルに進出したことで、私のキャリアは本当に救われた」とルーは言う。「アイバーソンがいなければ、今の私はいなかっただろう」。

メッタ・ワールド・ピースが語るメンタルヘルスへの取り組みとセラピーの重要性

2004年11月19日、インディアナ・ペイサーズのフォワード、メッタ・ワールド・ピース(当時はロン・アーテスト)は、かつてのデトロイト・ピストンズの本拠地であるオーバーン・ヒルズのパレスで、両軍が入り乱れているさなか、スコアラーテーブルに横たわっていた。残り45秒、ペイサーズが試合を優位に進めていた時、ワールドピースはピストンズのストロングマン、ベン・ウォレスにハードファウルを仕掛けた。これに反応したウォレスは、ワールドピースを突き飛ばしたが、彼は落ち着き、スコアラーテーブルに寝そべっていた。

NBAで最もアンタッチャブルな選手は?

BasketballNews.comは、我々が誇る記者たちに、次のような質問をぶつけてみた。「今、NBAで最もアンタッチャブルな選手は誰か?」。

ファンの有無は今季のNBAの試合にどれほど影響を与えているのか?

現在、NBAの14チームがファンの観戦を許可しており、ファンの存在がホームコートアドバンテージにインパクトを与えていることを示す証拠も出てきている。しかし、ファンを呼び込むことの競争的な側面にフォーカスする人もいれば、依然として健康上のリスクを警戒している人もいる。

競争者として、少女の父親として。コービーと絆を結んでいたザック・ランドルフ

コービー・ブライアントが逝去したあの悲劇的な事故から1年。元NBAオールスターのザック・ランドルフと、ブライアントの女子バスケットボールチームでプレイしていたランドルフの娘であるマッケンリーは、いまだにブライアント父娘の弔いを続けている。

NBAプレイヤーのトレード要求の方法

ジェームス・ハーデンのようなフランチャイズプレイヤーであれ、ロールプレイヤーであれ、マービン・バグリーの父のような親であれ、トレード要求は起こり得る。トレードを要求する理由は、プレイングタイムが十分でないこと、契約交渉を巡る経営陣への不満、チームの方向性など実にさまざまだ。

シャキール・オニールが明かす、フィル・ジャクソンがレイカーズのHCとして大きなインパクトを与えた理由

今夏、ドキュメンタリー「ラストダンス」のおかげで、伝説のHCであるフィル・ジャクソンについて新たな洞察を得ることができた。私たちは、ジャクソンのユニークなコーチング法や、NBAに移ってくる前のプエルトリコでのコーチング期についても学んだ。しかしご存じの通り、ジャクソンは1990年代にシカゴ・ブルズで6つのタイトルを獲得しただけではない。

トニー・パーカー:私の夢のすべてを超えて

2020年11月17日に出版された著書「トニー・パーカー:私の夢のすべてを超えて」より抜粋。NBA入りに向けた戦略的な計画から、スパーズとの出会い、ポポビッチとのコネクションまで、トニー・パーカーのNBAキャリアの始まりに関する濃密なエピソードが導入部分としてまとめられている。
Advertisment

Most Popular

ザイオン・ウィリアムソンとペリカンズのための特効薬はない

ザイオン・ウィリアムソンをニューオーリンズで幸せにすることは容易ではない。 ザイオン・ウィリアムソンは、個人の観点からすると、NBAでの目覚ましい2年目のシーズンを送った。プロ生活で初めてボールハンドリングの責任を負い、バスケットに向かう際には誰にも止められない強さを証明した。平均27点、フィールドゴールパーセンテージも61.1%を記録し、リーグで最も恐るべきリム・フィニッシャーとなった。ウィリアムソンは、デューク大から2019年のドラフト全体1位指名でリーグ入りした際にセットされた天井知らずの期待に応え始めているが、ニューオーリンズ・ペリカンズのチームの成功はまだまだ追いついてきていない。

49点のトリプルダブルを達成して傷ついたブルックリン・ネッツを救ったケビン・デュラント

2年前。ブルックリン・ネッツは、NBAファイナルでアキレス腱を断裂したばかりのケビン・デュラントと契約を結び、彼がブルックリンを牽引できると信じていた。ブルックリンのシーズンがかかった火曜日の夜、ミルウォーキー・バックスとのイースタン・カンファレンス準決勝の第5戦で、デュラントはネッツの彼への信頼が正しかったことを証明した。 Source: “Kevin Durant posts 49-point triple-double to save 'wounded' Brooklyn Nets in...

モントレズ・ハレルとデボンテ・ケイコックの相互に有益なメンターシップ

4月、フロリダ州タンパベイにある高校の体育館で、レイカーズのガード、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープがチームの状況や負傷したスター選手の復帰時期についてZoomでメディアに語っていた時、画面の中には2-Wayプレイヤーのデボンテ・ケイコックの姿があった。それは、世界中が注目するチームメイトの背後で、練習に取り組んでいる姿だった。 ケイコックにとって、これは新しいことではない。比較的無名で、体格もずば抜けているというわけでない、ドラフト外の2年目のセンターは、レイカーズでの1年目にNBAチのャンピオンシップを獲得したが、チームがタイトルを争う中で、彼がファンから脚光を浴びるということはほとんどなかった。