Tag: Washington Wizards

ダニエル・ギャフォードにゲームのニュアンスを指導するラッセル・ウエストブルック

ウエストブルックのリーダーシップにはさまざまな形があるが、ダニエル・ギャフォードは彼のチームメイトとして2カ月余りの間、そのいくつかの形を見てきた。

腕立て伏せで目を覚ますラッセル・ウエストブルックのリアルな食生活

ワシントン・ウィザーズのガード、ラッセル・ウエストブルックは、過去5シーズンで4回目となるトリプルダブルを達成している。彼以外にこの偉業を達成したのは、1962年にオスカー・ロバートソンが達成した1回だけ。また、ウエストブルックは、オスカー・ロバートソンを抜いてNBA史上最多となるトリプルダブルにあと3つに迫っている(※日本時間5月11日に達成)。最近まで「不可能だ」と思われていた記録を破るには、膨大なバスケットボールの才能とエネルギーが必要だが、ウエストブルックはその両方を兼ね備えている。

ラッセル・ウエストブルックがNBAのトリプルダブル・キングになるまで

2009年3月、ダーク・ノビツキー、ジェイソン・キッド、そしてダラス・マーベリックスがオクラホマシティーにやってきた時、サンダーのオクラホマシティーでの最初のシーズンが終わりを迎えようとしていた頃だった。

ラッセル・ウエストブルックはトリプルダブルを簡単に達成して見せる。しかし、決して簡単じゃない。

ワシントン・ウィザーズのガード、ラッセル・ウエストブルックは、直近5シーズンで4回目となる平均トリプルダブルを達成しようとしており(※5月3日に達成)、それはほとんど日常的なことのように思える。では、なぜ他の選手は同じようにトリプルダブルを達成しないのだろうか。

「ウィザーズは私に嘘をついていた」。崩れ落ちたジョン・ウォールとウィザーズの信頼関係

ジョン・ウォールがトレードを要求したと報じられた後、ワシントン・ウィザーズのGMであるトミー・シェパードは「ジョンと私、ジョンとウィザーズの間には何の問題もない」と公に語っていたが、果たしてこれは真実なのだろうか?

ウィザーズは今季、八村塁のスリーポイントに何を期待できるのか?

ウィザーズの躍進の大きな鍵を握る一つは、今年、そして将来的に、八村塁がスリーポイントシューターとして戦えるレベルに成長できるかどうか、ということだ。今季、トレーニングキャンプでの八村のスリーポイントは目を見張るものがあったようで、スリーポイントが彼のキャリアにおける最高の武器の一つとなる可能性がある。

ウォールとの惜別について感情的に語ったブラッドリー・ビール。「私のキャリアのすべてにジョンがいた」

ブラッドリー・ビールにとって、ここ数日間は感情的にとてもハードな日々となったことだろう。

オフのトレーニングやジョン・ウォールとのプレイなど。八村塁が語るNBA2年目の期待と抱負

ワシントン・ウィザーズの八村塁選手が1日、オンラインで会見に臨み、22日に開幕する新しいシーズンに向け、2年目の期待と抱負を語った。そのインタビューの全容をテキスト化。このオフに取り組んでいたこと、復帰するジョン・ウォールとのプレイについてなど、盛り沢山の内容となっている。
Advertisment

Most Popular

ザイオン・ウィリアムソンとペリカンズのための特効薬はない

ザイオン・ウィリアムソンをニューオーリンズで幸せにすることは容易ではない。 ザイオン・ウィリアムソンは、個人の観点からすると、NBAでの目覚ましい2年目のシーズンを送った。プロ生活で初めてボールハンドリングの責任を負い、バスケットに向かう際には誰にも止められない強さを証明した。平均27点、フィールドゴールパーセンテージも61.1%を記録し、リーグで最も恐るべきリム・フィニッシャーとなった。ウィリアムソンは、デューク大から2019年のドラフト全体1位指名でリーグ入りした際にセットされた天井知らずの期待に応え始めているが、ニューオーリンズ・ペリカンズのチームの成功はまだまだ追いついてきていない。

49点のトリプルダブルを達成して傷ついたブルックリン・ネッツを救ったケビン・デュラント

2年前。ブルックリン・ネッツは、NBAファイナルでアキレス腱を断裂したばかりのケビン・デュラントと契約を結び、彼がブルックリンを牽引できると信じていた。ブルックリンのシーズンがかかった火曜日の夜、ミルウォーキー・バックスとのイースタン・カンファレンス準決勝の第5戦で、デュラントはネッツの彼への信頼が正しかったことを証明した。 Source: “Kevin Durant posts 49-point triple-double to save 'wounded' Brooklyn Nets in...

モントレズ・ハレルとデボンテ・ケイコックの相互に有益なメンターシップ

4月、フロリダ州タンパベイにある高校の体育館で、レイカーズのガード、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープがチームの状況や負傷したスター選手の復帰時期についてZoomでメディアに語っていた時、画面の中には2-Wayプレイヤーのデボンテ・ケイコックの姿があった。それは、世界中が注目するチームメイトの背後で、練習に取り組んでいる姿だった。 ケイコックにとって、これは新しいことではない。比較的無名で、体格もずば抜けているというわけでない、ドラフト外の2年目のセンターは、レイカーズでの1年目にNBAチのャンピオンシップを獲得したが、チームがタイトルを争う中で、彼がファンから脚光を浴びるということはほとんどなかった。