Oops! Error 404!

The page you are looking for does not exist. Please try again.

ザイオン・ウィリアムソンとペリカンズのための特効薬はない

ザイオン・ウィリアムソンをニューオーリンズで幸せにすることは容易ではない。 ザイオン・ウィリアムソンは、個人の観点からすると、NBAでの目覚ましい2年目のシーズンを送った。プロ生活で初めてボールハンドリングの責任を負い、バスケットに向かう際には誰にも止められない強さを証明した。平均27点、フィールドゴールパーセンテージも61.1%を記録し、リーグで最も恐るべきリム・フィニッシャーとなった。ウィリアムソンは、デューク大から2019年のドラフト全体1位指名でリーグ入りした際にセットされた天井知らずの期待に応え始めているが、ニューオーリンズ・ペリカンズのチームの成功はまだまだ追いついてきていない。 ペリカンズは、31勝41敗で2年連続でプレイオフを逃した。ドラフトの同期であるジャ・モラントやRJ・バレットがポストシーズンに出場する機会を得たのに対し、ウィリアムソンのペリカンズは再び来年を待つことになった。今年の夏の終わりに21歳になるザイオンは、長いキャリアが待っているが、ペリカンズが彼を中心とした勝てるチームを作るようにというプレッシャーがすでに高まっていることは明らかだ。わずか1シーズンでヘッドコーチのスタン・バン・ガンディーと袂を分つことになったのは、ニューオーリンズの忙しいオフシーズンになることが予想される中での最初の動きだった。 The Athleticは、ペリカンズがウィリアムソンと彼の家族をニューオーリンズで幸せにすることができていないと報じ、勝てるチームを築いていくためのプレッシャーが再び高まった。シャムズ・チャラニア、ジョー・バードン、ウィリアム・ガイロリーら記者は、若きスーパースターの状況を詳しく調査し、「家族のあるメンバーは、ウィリアムソンが他のチームに移籍することを望んでいる」と報じている。

49点のトリプルダブルを達成して傷ついたブルックリン・ネッツを救ったケビン・デュラント

2年前。ブルックリン・ネッツは、NBAファイナルでアキレス腱を断裂したばかりのケビン・デュラントと契約を結び、彼がブルックリンを牽引できると信じていた。ブルックリンのシーズンがかかった火曜日の夜、ミルウォーキー・バックスとのイースタン・カンファレンス準決勝の第5戦で、デュラントはネッツの彼への信頼が正しかったことを証明した。 Source: “Kevin Durant posts 49-point triple-double to save 'wounded' Brooklyn Nets in Game 5”(ESPN)Photo: “This was an all-time performance from...

モントレズ・ハレルとデボンテ・ケイコックの相互に有益なメンターシップ

4月、フロリダ州タンパベイにある高校の体育館で、レイカーズのガード、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープがチームの状況や負傷したスター選手の復帰時期についてZoomでメディアに語っていた時、画面の中には2-Wayプレイヤーのデボンテ・ケイコックの姿があった。それは、世界中が注目するチームメイトの背後で、練習に取り組んでいる姿だった。 ケイコックにとって、これは新しいことではない。比較的無名で、体格もずば抜けているというわけでない、ドラフト外の2年目のセンターは、レイカーズでの1年目にNBAチのャンピオンシップを獲得したが、チームがタイトルを争う中で、彼がファンから脚光を浴びるということはほとんどなかった。 しかし、この瞬間は何かが違っていた。それは、ケイコックが背景にいて、一人で孤独にゲームに取り組んでいたり、アシスタントがいて彼のためにリバウンドを取ったりして、上達しようとしている姿ではなかったからだ。NBAのシーズンが短縮されたため、レイカーズは疲弊し、最後には立っているのがやっとという状態になっていた中で、シックスマン・オブ・ザ・イヤーに輝いたモントレズ・ハレルが、ケイコックと全力で1on1に取り組んでいたのだ。 現在、ハレルはまだ27歳と、決して高齢ではない。しかし、確立されたベテラン選手がシーズンの途中で、フル練習に参加した後で、NBAでの成功を夢見る若い選手と1on1で対戦するということは、特に休養を何よりも優先したシーズンにおいては、決して当たり前のことではない。疲れ知らずに見えるハレルだが、ただ仕事を増やしたかっただけなのか、ケイコックを指導しようとしたのか、あるいはその両方なのか、それはわからない。しかし、一つだけ分かっていることは、ハレルは今季、ケイコックを助けるために努めていたということだ。なぜならそれは、彼の先輩のベテランたちが彼に教えてくれたことだからだ。

自らのビッグプレイを生み出す力をヨーロッパからNBAに持ち込んだボグダン・ボグダノビッチ

ホークスのガード、ボグダン・ボグダノビッチは、セルビアで一番のハードワーカーの一人、特に最もクラッチなシューターの一人として知られている。バックスへのトレードが不成立に終わった今、彼はNBAのポストシーズンでそのレベルを発揮できることを示している。 ボグダン・ボグダノビッチは、自分が「2つの人生」を生きていると真っ先に言うだろう。セルビア出身のボグダノビッチは、サクラメント・キングスでプレイするべく2017年に渡米してきたが、アメリカの文化の魅力に完全に飲み込まれてはいない。彼は自分の人生をシーソーのように捉え、セルビア人としての自分と、アメリカ人としての自分のバランスを取ろうとしている。しかし、それは現在も進行中のプロセスであり、両者の違いはボグダノビッチを笑わせるほど顕著である。 ベオグラードでは、ボグダノビッチはドナウ川沿いの屋外レストランやカフェで過ごし、日々の仕事にはあまり手をかけない。結局、セルビアの人々は来週の金曜日までコーヒーを飲むのを待つことはなく、15分後に飲んでのんびりするのだ。しかしアメリカでは、ワークアウトの時間はより早く、カフェインの摂取は減り、彼が慣れ親しんできた「まったりする」ということはほとんどなくなる。ボグダノビッチは一にバスケ、二にバスケ、三にバスケと、バスケットボールだけを考えて育ってきたが、サクラメントに来ると、税金やお金の処理のために人を雇うなど、他のことにも気を配らなければならないことに気づいた。それは、4年経った今でも彼を驚かせている、ペースの早いアメリカのライフスタイルの一部なのである。 「ここでは皆、あまりゆっくりすることがないような気がするんだ」と、インタビューで語ったボグダノビッチ。「皆、とにかくスピーディーで時間に追われている。常に急いでいるんだ」。

ティロン・ルー「アイバーソンがいなければ今の私はいない」

「アイバーソンがファイナルに進出したことで、私のキャリアは本当に救われた」とルーは言う。「アイバーソンがいなければ、今の私はいなかっただろう」。 2001年6月、ルーはあまり使われていないバックアップガードだった。アイザイア・ライダーやスリーポイントのスペシャリストであるマイク・ペンバーシーに押され、ローテーションから外れていた。彼は24歳で、フリーエージェントになるところだった。彼は自分の将来を心配していた。 当時、ポストシーズンが始まる前に、チームはプレイオフのロスターを決めなければならなかった。ルーは、このままではレイカーズでのキャリアを終えることになるだろうと予想していた。しかし、ロースター決定日、フィル・ジャクソンがルーの名前を発表すると、会場は歓声に包まれた。「信じられない気持ちだった」とルーは語っている。 アイバーソンとの対決を期待していたことも、この決断に大きく影響した。レイカーズには、コービー・ブライアント、ブライアン・ショー、ロン・ハーパー、デレック・フィッシャーといったベテランのガードがそろっていたが、フィラデルフィアがイースタンを制覇した場合、アイバーソンをチェックする人材が必要で、素早くて負けん気の強いディフェンダーが必要だった。

ニコラ・ヨキッチはいかにしてNBAで「最もありえない」MVPになろうとしているのか

ドラフト全体41位で指名されたセルビア人センターは、着実にスターダムを駆け上がり、最も低いドラフト指名順位でNBAのMVP受賞を目前にしている。 ニコラ・ヨキッチにはランボルギーニは似合わない。 第一のヒントは、好みの服装がナイキのトラックスーツであること。第二のヒントは、リーグのMVPの話題を避けていること。一度だけでなく何カ月にもわたって何度も、問い合わせがあったにもかかわらず、ヨキッチは一度も自分がNBA最高の個人賞にふさわしいとアピールしていない。しかし、今シーズンの目覚ましい活躍により、ドラフト2巡目指名でセルビアのソンボル出身の無名の異端児が、NBA史上最もありえないMVPになろうとしているのだ。 しかし、ナゲッツが4月19日にメンフィスと対戦し、ヨキッチが47点を奪ってダブルオーバータイムを制した試合の約2時間前、「ジョーカー」のナンバープレートをつけた赤いランボルギーニのSUVが、ボールアリーナの選手用駐車場に入ってきた。

デビン・ブッカーが父から受けた金言。「スターの一人であることを見せつけろ」

 レブロン・ジェームスとレイカーズをノックアウトしたサンズのスターであるデビン・ブッカーは今、尊敬を勝ち取り始めている。  メルビン・ブッカーは、息子のデビンにバスケットボールや人生について、数え切れないほどの知恵を授けてきた。だからこそ、プレイオフが始まる前に、フェニックス郊外にある息子の家を訪れて、さらなるアドバイスを与えたのは当然のことだった。  それは、フェニックス・サンズのスターであるブッカーが、自分自身がエリートでありスーパースターであることを証明するために必要な瞬間だった。

アンソニー・デイビス「まったく後悔していない」

アンソニー・デイビスは木曜日、ロサンゼルス・レイカーズのシーズンを救うべく、全力を尽くした。フェニックス・サンズとのファーストラウンド第3戦では膝を過伸展させ、第4戦では鼠径部を負傷したにもかかわらず、第6戦に出場し、チームのタイトル防衛のために絶望的な試みを行った。 結果は最悪だった。デイビスは、わずか5分ほどの出場で試合を終えた。新たなケガをしたわけではないが、第1クオーターに激痛で床に倒れ込み、そのまま試合を続けられなかった。試合中、身体的に限界があるように見える中でも、5分もの長い時間コートに立ち続けられたことに驚かされた。試合後、Yahoo Sportsのクリス・ヘインズに語ったように、彼は完全な可動域を持っていなかった。 「右に動けなかった」とデイビスは説明した。「だから(第1クオーターで)、(デビン)ブッカーが左にドライブしてきた時、右にスライドしなければならなかったが、あんな反応をしてしまったんだ。あの時は激痛が走った。私にできることは何もなかったが、ただチームのために出たかったんだ」。
Advertisment

Instagram

Most Popular

ザイオン・ウィリアムソンとペリカンズのための特効薬はない

ザイオン・ウィリアムソンをニューオーリンズで幸せにすることは容易ではない。 ザイオン・ウィリアムソンは、個人の観点からすると、NBAでの目覚ましい2年目のシーズンを送った。プロ生活で初めてボールハンドリングの責任を負い、バスケットに向かう際には誰にも止められない強さを証明した。平均27点、フィールドゴールパーセンテージも61.1%を記録し、リーグで最も恐るべきリム・フィニッシャーとなった。ウィリアムソンは、デューク大から2019年のドラフト全体1位指名でリーグ入りした際にセットされた天井知らずの期待に応え始めているが、ニューオーリンズ・ペリカンズのチームの成功はまだまだ追いついてきていない。

49点のトリプルダブルを達成して傷ついたブルックリン・ネッツを救ったケビン・デュラント

2年前。ブルックリン・ネッツは、NBAファイナルでアキレス腱を断裂したばかりのケビン・デュラントと契約を結び、彼がブルックリンを牽引できると信じていた。ブルックリンのシーズンがかかった火曜日の夜、ミルウォーキー・バックスとのイースタン・カンファレンス準決勝の第5戦で、デュラントはネッツの彼への信頼が正しかったことを証明した。 Source: “Kevin Durant posts 49-point triple-double to save 'wounded' Brooklyn Nets in...

モントレズ・ハレルとデボンテ・ケイコックの相互に有益なメンターシップ

4月、フロリダ州タンパベイにある高校の体育館で、レイカーズのガード、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープがチームの状況や負傷したスター選手の復帰時期についてZoomでメディアに語っていた時、画面の中には2-Wayプレイヤーのデボンテ・ケイコックの姿があった。それは、世界中が注目するチームメイトの背後で、練習に取り組んでいる姿だった。 ケイコックにとって、これは新しいことではない。比較的無名で、体格もずば抜けているというわけでない、ドラフト外の2年目のセンターは、レイカーズでの1年目にNBAチのャンピオンシップを獲得したが、チームがタイトルを争う中で、彼がファンから脚光を浴びるということはほとんどなかった。